確定拠出年金相談ねっと認定FP 加藤 博

2016年 10月 28日

『確定拠出年金の控除証明書がようやく届きました♪』というメールをいただきました!

こんにちは。

 確定拠出年金 相談ねっと 認定ファイナンシャル・プランナーの加藤博です。

 

『確定拠出年金の控除証明書がようやく届きました♪』

 

というメールを昨日(2016年10月27日)もらいました。

 

今年6月に個人型確定拠出年金で積み立てを開始したYさんからのご連絡です。

Yさんから

『控除証明書はいつ頃来るの?』

と質問を受けたのは10月の上旬です。

 

『今月、国民年金基金連合会から郵送されるので待っててくださいね』と

お伝えしたのですがようやく届いたようです。

 

私自身は企業型確定拠出年金の加入者ですので、個人型確定拠出年金の控除証明書は

送付されてきません(当たり前ですが)

 

Yさんの控除証明書(掛金払込証明書)です。

ご了解をいただいたので、実物を掲載いたします。

ideco_%e6%8e%9b%e9%87%91%e6%89%95%e8%be%bc%e8%a8%bc%e6%98%8e%e6%9b%b8

 

 

 

10月17日現在のデータで作成されています。

本年9月までに払い込まれた金額と

10月から12月に払い込まれる予定金額と分かれています。

 

Yさんの月掛金は上限一杯の23,000円です。

今年は6月~12月までの7ヶ月分

23,000円×7ヶ月=161,000円が所得控除されます。

 

個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)は掛金の全額が所得控除になります。

所得控除の種類は「小規模企業共済等掛金控除」(しょうきぼきぎょうきょうさいとうかけきんとうこうじょ)です。

 

ばんざーい

 

Yさんの節税額を計算してみました

Yさんの所得税率は 10%です。

平成28年度は、所得税 161,000円×10%=16,100円  節税できます。年末調整で戻ってくる予定です。

住民税は平成29年6月からの納付分で161,000円×10%=16,100円が安くなります。

これは、住民税は前年(1月~12月)の所得をベースに算出された住民税を6月以降に納付するためです。

 

節税額

所得税   16,100円+ 住民税 16,100円=32,200円

となります。

 

掛金 161,000円に対する節税額 32,200円です。

32,200円/161,000円=20% です。

全額所得控除となる効果です。

 

電卓カタカタ

 

Yさんは 確定拠出年金の毎月の掛金23,000円を捻出するために、

貯蓄性の生命保険と個人年金保険などを見直しました。

(約25,000円/月の保険料をストップして払済保険※へ変更)

 

※払済保険とは

保険料の払込みを中止し、変更時の解約払戻金を一時払の保険料に充当して

今までの契約の保険期間を変えずに保障額の少ない保険に変更できる制度です。

保険契約を解約せずに、保険料支払をストップして保障を継続できる制度です。

 

勤務先のグループ保険(団体定期保険)に切り替えました。

Yさんは50歳女性です。

y%e3%81%95%e3%82%93%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e4%bf%9d%e9%99%ba%e6%8e%9b%e9%87%91

 

会社のグループ保険の内容は

死亡保険1,000万円と医療保険5,000円のプランで 合計保険料4,165円です。

 

6月~12月までの7ヶ月分の保険料は4,165円×7ヶ月=29,155円

 

節税額 32,200円 > 保険料 29,115円   3,045円 節税額が多い

 

節税額の範囲内で死亡保障と医療保障が準備できました。

個人型確定拠出年金を活用したお得な老後資産形成もスタートでき、とても満足頂けました。

 

グループ保険を活用については、コラム「生命保険の見直しって本当に保険料下がるんですか?」を参照ください。

 

 

みなさんも

未来の自分への仕送りをスタートしませんか?

少し時間を使って、家計を見直すと貯蓄ができるようになります。

 

個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)は税金がお得な貯蓄制度です。

この制度をひとりでも多くの方に知って欲しいですね。

ideco_%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7_%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_1

 

 

417766_7599bbc8412f4831ae28fcbde2787a2e-mv2

 

 

個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)の控除証明書についてのコラムはこちらです

個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)控除証明書はどこから、いつ頃届く?

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-20-12-33-28

確定拠出年金という「制度」についてお伝えするセミナーを行います

 

このような方は、是非ご利用ください!

 

  • 現在、確定拠出年金をされている方、これからはじめる方
  • 資産形成で後悔したくない方
  • 企業で確定拠出年金の部署で働いている方
  • 保険代理店のマネーセミナー、マネースクールに参加されたことがある方
  • ドル・コスト平均法の本質を知りたい方
  • 積立投資の複利効果があると思っている方

 

主な内容

 

確定拠出年金 制度編

*日本の年金制度と加入関係

*確定拠出年金とは何か?

*企業型、個人型とは何か?

*確定拠出年金改正法成立による制度について

*加入から給付までの流れ

*個人型に加入するためには

*確定拠出年金がはじまった背景とは?

*企業年金の財政悪化について

*勤務先に確定拠出年金制度が導入されていたら、されることになったら

*企業が拠出している掛金の平均額は?

*企業が拠出した掛け金を従業員が返還しなければならないケースがある

*マッチング拠出について

*企業型DC加入者の個人型DC加入について

*選択制確定拠出年金について

*税制上のメリットについて

*現在凍結中の特別法人税について

*60歳までに退職した場合は

*年金の受け取り方法

*制度のメリット・デメリット

*運営管理機関、資産管理機関とは

*自動移換について

*投資信託について

*投資に関すること

*長期投資は誰でも成功するのか?

*確定拠出年金でうまく資産形成するためには?

等々

セミナー日程などのご案内

クリック

417766_7ff66113bdf24b34bce1a8734defc3f4-mv2

Tags:

コメントは受け付けていません。