確定拠出年金相談ねっと認定FP 加藤 博

2016年 11月 05日

DC口座で積み立てよう!インデックス型は信託報酬が安い?

 

こんにちは。

確定拠出年金 相談ねっとわーく 認定ファイナンシャル・プランナーの加藤博です。

 

portal_icon

 

2016年11月4日の日経新聞朝刊にりそな銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)の広告がでていました。

32面(裏面)の一番下に大きく掲載されていました。コチラです↓  

 広告記事 2016年11月4日 日本経済新聞朝刊より

%e3%82%8a%e3%81%9d%e3%81%aa%e9%8a%80%e8%a1%8cideco%e5%ba%83%e5%91%8a_2016%e5%b9%b411%e6%9c%884%e6%97%a5%e6%97%a5%e7%b5%8c%e6%96%b0%e8%81%9e%e6%9c%9d%e5%88%8a

 

 

大手銀行が個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)の広告を打ってきましたね。

りそな銀行は確定拠出年金に積極的な金融機関のひとつです。

コラム「なぜ、運用商品によって「リスク」の大きさが違うのでしょうか?」に中でも、

りそな銀行のサービス拡充についての記事をご紹介していますので、ご参照ください。

 

iDeCo 個人型確定拠出年金の口座獲得にむけた金融機関の競争が激しくなってきています。

口座手数料や投資信託の信託報酬水準、投資信託の取扱数、その他の付帯サービスなど運営管理機関選びの基準は人それぞれだと思います。

 

金融機関(iDeCoでは運営管理機関といいます)とは60歳まで(受け取り期間を入れたらそれ以上)の長いお付き合いとなりますから、

しっかりと比較して選んで欲しいと思います。

でも、

金融機関は色々あるけれど、どうやって選べばいいのでしょうか?

 

大切なのは、確定拠出年金口座をどのように活用して「老後資産」をつくっていくか?

ということだと考えます。

 

確定拠出年金口座を活用していくうえで、

私たち「ファイナンシャル・プランナーに相談する意味」はどこにあるのでしょうか?

” iDeCo(確定拠出年金)は炊飯器

運営管理機関が知恵をしぼり開発した炊飯器であるiDeCoを使って、いかに毎日の生活を楽しく、そして無理なく将来の豊かさを手に入れるのかのレシピを提供するのがFP

 

そんな風に思っていただくと分かりやすいのかなと思います“

 

yamanakaこれは、「確定拠出年金 相談ねっとわーく」を主宰してる山中伸枝さんのコラム

『iDeCo(確定拠出年金)のFP相談にメリットはあるのか?』 

からの抜粋です。

確定拠出年金を「炊飯器」にたとえて

私たちファイナンシャル・プランナーの役割を面白く、わかりやすく紹介しています。是非、お読みください。参考になると思います。

 

 

チェック

 

 

確定拠出年金で資産を増やしていくためには「投資信託」を購入していくことが必要です。

運用益の非課税メリットを最大限いかして、運用益を再投資して資産を増やしていきたいですよね!

でも、「投資信託」は初心者には少し取っつきにくい面がありませんか?

言葉が難しく感じてしまいます。

 

一緒にポイントを理解していきましょう。

 

コラム『DC口座で積み立てよう!ベンチマークとは何ですか?』

では、投資信託のベンチマークについて研究しました。

 

ベンチマークである「日経平均株価」や「TOPIX(東証株価指数)」に

連動するように運用されている投資信託をインデックス型といいます。

この対極にあるのが、指数を上回るパフォーマンスを目指して運用する

アクティブ型投資信託です。

 

今回は、このインデックス型の特徴について研究していきましょう。

 

インデックス型の投資信託はベンチマークに連動するように運用されています。

参考にした「DC日本株式インデックス・オープンS」はTOPIX(東証株価指数)に

連動するように運用されています。

 

インデックス型投資信託の特徴

 

<1>信託報酬(手数料)が安い

SBI証券の個人型確定拠出年金の国内株式のインデックス型投資信託の手数料です。

sbi%e8%a8%bc%e5%88%b8%e5%9b%bd%e5%86%85%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e5%9e%8b

2016年11月1日 に検索したデータです。

SBI証券 個人型確定拠出年金 商品検索サイトより

 

信託報酬は年0.2%~0.9%以内となっています。

 

次に

ベンチマークを上回るパフォーマンスを目指すアクティブ型投資信託の信託報酬をみてみましょう。

sbi%e8%a8%bc%e5%88%b8%e5%9b%bd%e5%86%85%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e3%82%a2%e3%82%af%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%96%e5%9e%8b

2016年11月1日 に検索したデータです。

SBI証券 個人型確定拠出年金 商品検索サイトより

 

信託報酬は年1.4%~1.65%となっています。

 

インデックス型とアクティブ型との信託報酬の差は1%程度ありますね。

 

コラム「DC口座で積み立てよう!投資信託の『コスト(手数料)』とは?」

の中の「信託報酬 1%の違い」で検証しましたが、

1%の違いでも長期間となれば大きな違いとなってきます。

「たった1%」と思ってはダメです。

 

もう一度みてみましょう。

毎年24万円積立。わかりやすくするために、年利は0%としています。

信託報酬を0%と1%の場合で比較しみます。

%e4%bf%a1%e8%a8%97%e5%a0%b1%e9%85%ac%ef%bc%91%ef%bc%85%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84

 

10年、20年と積立期間が長くなるにつれて、

信託報酬の差額が大きくなっています。

 

信託報酬「1%」の違いは長期間で大きな差を生んでいます。

複利のパワーです。

これが、マイナスで確実に作用します。

 

「1%の差」は大きいです。信託報酬は確定しているコストです。

「リターン」は不確定です。

確定しているコストは安いものを選ぶのが賢明です。

 

インデックス型は手数料が安いという特徴を是非、押さえておきましょう

 

まずはインデックス型を検討する」という姿勢で良いと考えます。

 

<2>商品の内容がわかりやすい

 

例でみている「DC日本株式インデックス・オープンS」はTOPIXに連動することを目標としていますね。

TOPIXは東証一部上場企業の株価を指数にしたものです。

これは、「日本の株式市場全体を対象に投資している」といっても良いでしょう。

 

日本経済に投資することになり、今後、日本の景気が良くなるかどうかを考えていれば良いのです。

個々の企業の業績を追いかける必要はありませんね。

 

運用成績は基準価額の動きで確認しますが、TOPIXの動きを確認すれば良いので簡単ですね。

TOPIXは毎日、テレビや新聞、WEBで情報提供されています。

 

例えば、TOPIXが 1300のときに購入したインデックス型投資信託であれば、

TOPIXが1300を上回っている時は投資した資金は増えており、

下回っていれば資金は減っているとシンプルに考えれば良いです。

 

また、ベンチマークが同じインデックス型の投資信託については、

どの投資信託を選ぶかによって最終的な運用成績に大きな差がつきません。

同じTOPIXをベンチマークとするインデックス型投資信託であれば、

信託報酬が安い投資信託を選ぶのがベターでしょう。

信託報酬は確実なマイナスとなりますので。

 

インデックス型=パッシブ型

 

インデックス型の投資信託は「パッシブ型投資信託とかパッシブファンド」と呼んだりします。

 

運用手法によって「アクティブ(積極的)型」と「パッシブ(受動的)」と分類されますが、

ベンチマークを上回る運用成績を狙うのが「アクティブ型」でベンチマークのインデックスに

連動する運用成績を狙うのが「パッシブ型」と呼んでいます。

 

インデックス型=パッシブ型 と理解しておけば良いです。

なるほど

 

確定拠出年金のセミナー開催しています!

少人数開催なのでお気軽に参加できます!

確定拠出年金のよくわかるセミナーはコチラ

名古屋・大阪・福岡でも確定拠出年金相談ねっと 認定ファイナンシャル・プランナーのセミナー開催中!

コチラをクリック!

417766_0434a13351f84304966d1f87f4b9966c-mv2

417766_7599bbc8412f4831ae28fcbde2787a2e-mv2

 

 

個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)の控除証明書についてのコラムはこちらです

個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)控除証明書はどこから、いつ頃届く?

Tags:

コメントは受け付けていません。