確定拠出年金相談ねっと認定FP 加藤 博

2016年 11月 15日

個人年金保険(年金ひとすじ)の年利回りを計算する

こんにちは。
確定拠出年金 相談ねっとわーく 認定ファイナンシャル・プランナーの加藤博です。

portal_icon
老後資産を準備する方法として個人年金保険を検討している方もいると思います。
マイナス金利の影響で、円建ての個人年金保険は販売停止となった会社も多いですが、
明治安田生命保険は継続して販売しています。

前回の住友生命保険に引き続き研究してみます。

 

WEBサイトでシミュレーションできます。

明治安田生命 個人年金保険 年金ひとすじ 保険料シミュレーション

%e6%98%8e%e6%b2%bb%e5%ae%89%e7%94%b0%e7%94%9f%e5%91%bd%e5%b9%b4%e9%87%91%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%81%99%e3%81%98

次の条件で試算してみます。

年齢 50歳
性別 女性

払込満了 65歳
年金受取開始年齢 65歳
年金受取期間 10年
月払保険料 20,000円

 

シミュレーション結果

%e6%98%8e%e6%b2%bb%e5%ae%89%e7%94%b0%e7%94%9f%e5%91%bd_%e5%80%8b%e4%ba%ba%e5%b9%b4%e9%87%91

基本年金額 386,000円
年金受取総額(A) 3,860,000円
払込保険料総額(B) 3,600,000円
年金受取率 (A/B)   約107.3%

一括受取額(C) 約368万円

となります。

イメージ図

%e6%98%8e%e6%b2%bb%e5%ae%89%e7%94%b0%e7%94%9f%e5%91%bd%e5%b9%b4%e9%87%91%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%81%99%e3%81%98%e4%bb%95%e7%b5%84%e5%9b%b3

15年間 保険料を支払います
総額3,600,000円

年金原資額(年金現価)は約368万円

10年間年金を受け取ります。
年金額  386,000円
年金総額 3,860,000円   107.3%

支払期間→受取期間 期間を通して、年利回り何%で増えていくのか?

計算してみましょう

電卓カタカタ

Excelの関数を使えば 年利回りを計算できます。

XIRR関数を使って計算してみました。

日付とお金の流れを入力します。

%e5%b9%b4%e9%87%91irr%e8%a1%a8%e2%91%a0

================================


================================

%e5%b9%b4%e9%87%91irr%e8%a1%a8%e2%91%a2%e6%98%8e%e6%b2%bb%e5%ae%89%e7%94%b0

XIRR関数で算出した 結果は  0.583%
となりました。

 

この値があっているか?

検算してみます。

この利率で60歳時の積立金を試算してみます。
ExcelのFV関数で計算します。
=FV(0.583%/12,180,-20000,0,0)
= 3,761,086 (D)

シミュレーションによると

一括受取額は約368万円とあります。控除されるからかもしれません。

 

次に、年金額があっているか?

検算します。

ExcelのPMT関数を使います。

= PMT (0.583%,10,3761086,0,1)
= -386,019

386,000円と19円差であれば、ほぼあっていると考えて良いでしょう。

なるほど

シミュレーションした結果をみて考えてみましょう

明治安田保険のこの個人年金保険「年金ひとすじ」は年利回り「0.583%」となります。

15年間の積立期間、10年間の年金受取期間の合計25年間

年0.583%で運用すると考えることができます。

%e6%98%8e%e6%b2%bb%e5%ae%89%e7%94%b0%e7%94%9f%e5%91%bd%e5%80%8b%e4%ba%ba%e5%b9%b4%e9%87%91

 

現在(2016年11月)の普通預金の利率が「0.001%」と比較すると有利と考えることもできます。

この保険は、個人年金の保険料控除も使えます。
所得税で4万円、住民税で2.8万円所得控除できます。

保険料支払期間中に解約した場合の、解約返戻金が不明ですが
恐らく一定期間は保険料支払額よりも低い額になっていると予想されます。
元本割れ期間は9年目ぐらいまで続くかもしれません。

 

25年間 0.583%で固定されること
一定期間は元本を下回ること

 

「2%のインフレ目標」を掲げている日本。

インフレリスクをどう考えますか?

 

インフレリスクを考えると、投資信託による積み立てを考えても良いと考えます。

 

 

【ご注意頂きたい事項】

このコラムに記載している事項は投資商品・保険商品等の購入あるいはサービスを提案もしくは勧誘するものではございません。
また、本資料に含まれるいかなるアドバイスも購入または売却を推奨するものではありません。
本情報を元に発生する損害についてはご利用者個人の責任とし、弊社はその責任を負わないものとします。

 

確定拠出年金のセミナー開催しています!

少人数開催なのでお気軽に参加できます!

確定拠出年金のよくわかるセミナーはコチラ

名古屋・大阪・福岡でも確定拠出年金相談ねっと 認定ファイナンシャル・プランナーのセミナー開催中!

コチラをクリック!

417766_0434a13351f84304966d1f87f4b9966c-mv2

417766_7599bbc8412f4831ae28fcbde2787a2e-mv2

 

 

個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)の控除証明書についてのコラムはこちらです

個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)控除証明書はどこから、いつ頃届く?

Tags:

コメントは受け付けていません。