ファイナンシャルプランナー加藤 博

2016年 11月 24日

損保年金保険の利回りを計算してみました。年金保険の利回り研究③

 

こんにちは。
確定拠出年金 相談ねっとわーく 認定ファイナンシャル・プランナーの加藤博です。

portal_icon

 

“第一生命、一時払い終身保険の販売再開へ 金利上昇で”

 

2016年11月23日 の日経新聞によると、第一生命グループの第一フロンティア生命は12月より一時払い終身保険の販売を再開するそうです。

アメリカ大統領選挙後に国債利回りが上昇基調にあるのが理由です。

第一フロンティア生命は銀行窓販専門の会社ですから、銀行では販売再開ですが、第一生命本体では再開しないようです。

 

低金利の影響はまだまだ続いています。

マイナス金利の影響で、円建ての個人年金保険は販売停止となった会社も多いです。

住友生命保険と明治安田生命保険は継続して販売しています。

このコラムでも研究してみました。

住友生命はコチラ

明治安田生命はコチラ

 

損保にも年金商品があります。年金払積立傷害保険といいます。

三井住友海上火災保険が販売しています。

 

パンフレットをみてみましょう。

%e5%b9%b4%e9%87%91%e6%89%95%e7%a9%8d%e7%ab%8b%e5%82%b7%e5%ae%b3%e4%bf%9d%e9%99%ba_

パンフレットの例でみてみましょう。

年齢 50歳
性別 傷害保険なので、性別による保険料差はありません。

保険料払込    10年間
年金受取開始年齢  60歳
年金受取期間    5年
年払保険料  200,000円

基本年金額     417,420円
年金受取総額(A) 2,087,100円
払込保険料総額(B) 2,000,000円
年金受取率 (A/B)     約104.4%

一括受取額       記載ありません

となっています。

うさぎチャン立ちポーズ

10年間 保険料を支払います
総額2,000,000円
年金原資額(年金現価)は不明です

5年間年金を受け取ります。
年金額 417,420円
年金総額 2,087,100円  約104.4%

支払期間→受取期間 期間を通して、年利回り何%で増えていくのか?

 

計算してみましょう

Excelの関数を使えば 年利回りを計算できます。

XIRR関数を使って計算してみました。

(年利回りの計算方法はこちらのコラムを参照ください)

日付とお金の流れを入力します。

%e3%81%8a%e9%87%91%e3%81%ae%e6%b5%81%e3%82%8c

XIRR関数で算出した結果は  0.57%

となりました。

この値があっているか?検算しています。

この利率で10年後の積立金を試算してみます。

ExcelのFV関数で計算します。

=FV(0.57%,10,-200000,0,0)
=2,051,928(D)

年金現価は約2,051,928となりました。

 

年金額があっているか?

検算します。

ExcelのPMT関数を使います。

= PMT (0.57%,5,2051928,0)
= -417,408
417,420円と12円差はであれば、ほぼあっていると考えて良いでしょう。

電卓カタカタ

 

シミュレーションした結果

三井住友海上のこの年金払積立傷害保険は年利回り「0.57%」となります。
15年間 年利0.57%で運用すると考えることができます。

 

%e6%9c%9f%e9%96%93%e3%82%92%e9%80%9a%e3%81%97%e3%81%a6

 

 

生命保険会社の個人年金と同様ですが、

現在(2016年11月)の普通預金の利率が「0.001%」と比較すると有利と考えることもできます。

 

保険料支払期間中に解約した場合の、解約返戻金が不明ですが
恐らく一定期間は保険料支払額よりも低い額になっていると予想されます。
元本割れ期間は9年目ぐらいまで続くかもしれません。

15年間 0.57%で固定されること
一定期間は元本を下回ること

インフレリスクを考えると、投資信託による積み立てを考えても良いと考えます。

金利が上昇→インフレ が 将来想定されますし、日本は「インフレ2%目標」を掲げています。

 

15年間元本を確保したいという場合、少しでも殖えれば良いと考える方は

検討しても良いかもしれません。

なお、

この保険は個人年金の保険料控除の対象ではありません。

【ご注意頂きたい事項】

このコラムに記載している事項は投資商品・保険商品等の購入あるいはサービスを提案もしくは勧誘するものではございません。また、本資料に含まれるいかなるアドバイスも購入または売却を推奨するものではありません。本情報を元に発生する損害についてはご利用者個人の責任とし、弊社はその責任を負わないものとします。

 

確定拠出年金のセミナー開催しています!

少人数開催なのでお気軽に参加できます!

 

名古屋・大阪・福岡でも確定拠出年金相談ねっと 認定ファイナンシャル・プランナーのセミナー開催中!

コチラをクリック!

417766_0434a13351f84304966d1f87f4b9966c-mv2

417766_7599bbc8412f4831ae28fcbde2787a2e-mv2

 

 

個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)の控除証明書についてのコラムはこちらです

個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)控除証明書はどこから、いつ頃届く?


関連記事はこちら