確定拠出年金相談ねっと認定FP 加藤 博

2016年 11月 26日

企業型確定拠出年金のマッチング拠出とは

こんにちは。
確定拠出年金相談ねっとわーく 認定ファイナンシャル・プランナーの加藤博です。

 

現在、確定拠出年金相談ねっとでは、「10人集まれば どこでも相談ねっとセミナー」を企画しています。


wiselife.biz/8965-2

開催事例

書店の一般向け無料セミナー
商工会、経営者団体などの経営者向けの勉強会
学生や社会人サークル向けの勉強会
町内会や自治体などの勉強会
PTAや保護者会などの学校行事の勉強会
職場の仲間うちでの勉強会
など

お気軽にご相談ください!

 

 

確定拠出年金法の改正で2017年1月から制度加入者が拡大されました。

個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)は公務員や専業主婦への加入者拡大で注目されていますが、

企業型確定拠出年金(企業型DC)の一部の加入者もiDeCoに加入することができるようになります。

 

どういう場合にiDeCoに加入できるのでしょうか?

①確定給付型年金制度なしの場合
企業型DCの事業主掛金の上限を年42万円(月3.5万円)までに引き下げること等を規約で定めた場合に限り、iDeCo年24万円(月2万円)までへの加入が可能となります。
②確定給付型年金制度ありの場合
企業型DCの事業主掛金の上限を年18.6万円(月1.55万円)までにすること等を規約で定めた場合に限り、iDeCo年14.4万円(月1.2万円)までへの加入が可能となります。

いずれも、会社の年金規約の変更が必要です。
企業型DCが導入されている会社に勤務している方は、会社の年金規約がどうなっているか?によります。

勤務先に企業型DCが導入されていて「マッチング拠出」を実施している場合は、iDeCoには加入できません。
個人で積み立てをしたい場合は、「マッチング拠出」を利用します。

なるほど

 

マッチング拠出とは?

企業型DCは“退職給付制度”として位置づけられているため、会社が掛け金を拠出する仕組みとなっていましたが、

2012年1月の法改正によって、加入者も一定の範囲内(※)で事業主の掛金に上乗せ拠出が出来る「マッチング拠出」が可能となりました。

※一定の範囲内とは
①事業主掛金+従業員掛金≦月55,000円(他の企業年金がある場合は27,500円)

②事業主掛金≧従業員掛金

①かつ②であることが条件となります。

限度額 55,000円の場合の例

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%b0%e6%8b%a0%e5%87%ba%e9%99%90%e5%ba%a6%e9%a1%8d

 

 

マッチング拠出はどれくらい利用されているのでしょうか?

 

野村総合研究所が2015年8月に発表した資料「確定拠出年金の利用実態調査(2015/3)報告」の調査結果から引用してみてみましょう。

%e9%87%8e%e6%9d%91%e7%b7%8f%e5%90%88%e7%a0%94%e7%a9%b6%e6%89%80_%e3%83%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e8%a1%a8%e7%b4%99

 

アンケート調査の概要は次の通りです。

調査は2015年3月に実施されたものです。

 

%e9%87%8e%e6%9d%91%e7%b7%8f%e5%90%88%e7%a0%94%e7%a9%b6%e6%89%80_%e2%91%a1%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e6%a6%82%e8%a6%81

 

P47・48にマッチング拠出についてのレポートがあります。

%e9%87%8e%e6%9d%91%e7%b7%8f%e5%90%88%e7%a0%94%e7%a9%b6%e6%89%80_%e2%91%a2%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%b0%e6%8b%a0%e5%87%ba%e3%81%ae%e5%ae%9f%e6%85%8b

マッチング拠出制度をしっている割合は約4割。
→アンケート実施時期が2015年3月ですから、最近はもう少し認知度あがっているかもしれませんね。

マッチング拠出制度導入済み企業に勤務している回答者のうち約7割が自分でも拠出している。
→3割の方は利用していませんね。

 

%e9%87%8e%e6%9d%91%e7%b7%8f%e5%90%88%e7%a0%94%e7%a9%b6%e6%89%80_%e2%91%a3%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%b0%e6%8b%a0%e5%87%ba%e5%89%b2%e5%90%88%e9%87%91%e9%a1%8d

 

マッチング拠出している額についての調査結果です。

44歳未満は会社拠出額と同額の方が多いという結果です。これは、会社拠出額が低いからでしょう。
会社拠出額と同額と回答した人のマッチング拠出額の77%が「13,750円未満」となっています。

 

マッチング拠出とiDeCo

勤務先にマッチング拠出制度がある場合は、iDeCoには加入できません。

マッチング拠出を利用します。是非、利用したいですね。

iDeCoは制度の関する手数料を個人が負担しますが、マッチング拠出は会社の制度ですので制度加入に関する個人負担はありません。

 

投資信託などの運用商品は会社が導入している運営管理機関のラインナップから選ぶことになります。

もしも「信託報酬が高くてイヤだ」と思っても、その中から選ぶしかありません。

マッチング拠出の確定拠出年金の税制は、iDeCoと同じです。

①掛金は全額所得控除

②運用益は非課税

③受け取り時も税優遇大きい

 

税制メリットが大きな積み立て制度です。

勤務先に企業型DC制度がある方は、まずは会社の制度を調べてみましょう。

「マッチング拠出がある場合、是非、利用しましょう!」

 

 

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-20-12-33-28

確定拠出年金という「制度」についてお伝えするセミナーを行います

 

このような方は、是非ご利用ください!

 

  • 現在、確定拠出年金をされている方、これからはじめる方
  • 資産形成で後悔したくない方
  • 企業で確定拠出年金の部署で働いている方
  • 保険代理店のマネーセミナー、マネースクールに参加されたことがある方
  • ドル・コスト平均法の本質を知りたい方
  • 積立投資の複利効果があると思っている方

 

主な内容

 

確定拠出年金 制度編

*日本の年金制度と加入関係

*確定拠出年金とは何か?

*企業型、個人型とは何か?

*確定拠出年金改正法成立による制度について

*加入から給付までの流れ

*個人型に加入するためには

*確定拠出年金がはじまった背景とは?

*企業年金の財政悪化について

*勤務先に確定拠出年金制度が導入されていたら、されることになったら

*企業が拠出している掛金の平均額は?

*企業が拠出した掛け金を従業員が返還しなければならないケースがある

*マッチング拠出について

*企業型DC加入者の個人型DC加入について

*選択制確定拠出年金について

*税制上のメリットについて

*現在凍結中の特別法人税について

*60歳までに退職した場合は

*年金の受け取り方法

*制度のメリット・デメリット

*運営管理機関、資産管理機関とは

*自動移換について

*投資信託について

*投資に関すること

*長期投資は誰でも成功するのか?

*確定拠出年金でうまく資産形成するためには?

等々

セミナー日程などのご案内

クリック

417766_7ff66113bdf24b34bce1a8734defc3f4-mv2

Tags:

コメントは受け付けていません。