確定拠出年金相談ねっと認定FP 加藤 博

2016年 11月 30日

GPIFが保有している資産(平成28年3月末)をみてみましょう

こんにちは。
確定拠出年金 相談ねっとわーく 認定ファイナンシャル・プランナーの加藤博です。

portal_icon

 

 

2016年11月25日にGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が平成27年度末(2016年3月)の全保有銘柄を公表しました。

web_

 

 

平成27年度末の資産構成割合はこうなっていました。

h2703

 

 

保有資産の全データがExcelで公開されています。

円単位なので、桁数が多すぎでよくわかりにくいです。銘柄もランキングされていません。

少し加工して、上位10位を抽出してみました。

 

案内ポーズ

 

債券上位10位

%ef%bc%922016%e5%b9%b43%e6%9c%88%e6%9c%ab_%e5%82%b5%e5%88%b810%e4%bd%8d

 

国内債券のうち、日本国債だけで43兆4451億円。
実に国内債券全体に占める割合は82.1%

国内債券は全体の37.55%ですから、日本国債は全体の約30%を占めています。
国債占率高いですね。

預貯金も生命保険などの金融商品もほとんどが日本国債で運用されています。
私たちの資産運用先の多くは「日本国債」です。

外国債券は全体で18兆8160億円。そのうち、上位10位が71%を占めています。
アメリカ、イタリア、フランス、イギリス、ドイツなど先進国債券がならんでいます。
新興国債券では、メキシコが7位にはいっています。

 

 

続いて株式です。

 

株式上位10位

国内株式と外国株式の上位10位をみてみました。

2016%e5%b9%b43%e6%9c%88%e6%9c%ab_%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e6%99%82%e4%be%a110%e4%bd%8d
国内株式1位はトヨタ自動車。投資額は1兆円以上。
外国株式1位はApple。投資額は5200億円。

株式投資をしていない人も、GPIFを通じて投資しています。

上位10社の業績は決算発表などで注視していきたいですね。

チェック

 

 

 

確定拠出年金という「制度」についてお伝えするセミナーを行います

このような方は、是非ご利用ください!

  • 現在、確定拠出年金をされている方、これからはじめる方
  • 資産形成で後悔したくない方
  • 企業で確定拠出年金の部署で働いている方
  • 保険代理店のマネーセミナー、マネースクールに参加されたことがある方
  • ドル・コスト平均法の本質を知りたい方
  • 積立投資の複利効果があると思っている方

 

主な内容

 

確定拠出年金 制度編

*日本の年金制度と加入関係

*確定拠出年金とは何か?

*企業型、個人型とは何か?

*確定拠出年金改正法成立による制度について

*加入から給付までの流れ

*個人型に加入するためには

*確定拠出年金がはじまった背景とは?

*企業年金の財政悪化について

*勤務先に確定拠出年金制度が導入されていたら、されることになったら

*企業が拠出している掛金の平均額は?

*企業が拠出した掛け金を従業員が返還しなければならないケースがある

*マッチング拠出について

*企業型DC加入者の個人型DC加入について

*選択制確定拠出年金について

*税制上のメリットについて

*現在凍結中の特別法人税について

*60歳までに退職した場合は

*年金の受け取り方法

*制度のメリット・デメリット

*運営管理機関、資産管理機関とは

*自動移換について

*投資信託について

*投資に関すること

*長期投資は誰でも成功するのか?

*確定拠出年金でうまく資産形成するためには?

等々

セミナー日程などのご案内

クリック

417766_7ff66113bdf24b34bce1a8734defc3f4-mv2

Tags:

コメントは受け付けていません。