確定拠出年金相談ねっと認定FP 加藤 博

2016年 12月 08日

平均収益率(リターン)とは?

こんにちは。

確定拠出年金相談ねっとわーく 認定ファイナンシャル・プランナーの加藤博です。

 

期間が異なる投資の成績を比較する場合は、収益率(リターン)を年あたりの年利「年換算利回り」に換算して比較します。

この年当たり収益率をみるときに「平均」を使用しますが、平均にも種類があります。

年あたりの収益率を平均値として算出する方法には、「算術平均」と「幾何平均」があります。

平均も計算の仕方で意味が変わってきます。

この2つの平均についてみていきます。

 

 

【算術平均】

ある株式の収益率が次の場合

 

1年目    +70%  

2年目 +30%

%e7%ae%97%e8%a1%93%e5%b9%b3%e5%9d%87%e3%81%ae%e5%bc%8f%e2%91%a0

 

 

 

 

1年目は+70%、2年目は+30%だった場合、算術平均で計算すると、平均収益率は50%になります。

%e7%ae%97%e8%a1%93%e5%b9%b3%e5%9d%87%e3%81%ae%e5%9b%b3

 

右(黄色のグラフ)は1年目も2年目も+50%の場合です。

左(青色のグラフ)と高さの合計は同じとなります。〇の部分をならしたのが右のグラフという感じです。

 

算術平均は、日常的によく使っている平均です。

「足し算」して割り算します。

計算が単純、簡単にできるのがメリットですが、年ごとの価格の変動幅が反映されないのがデメリットです。

言い換えれば「価格の変動幅=リスクが反映されでいない」ということです。

 

【幾何平均】

 

幾何平均は元本が何倍になったか?を計算して、平均を算出します。

 

1年目    +70%  

2年目 +30%

 

%e5%85%83%e6%9c%ac%e3%81%8c%e4%bd%95%e5%80%8d%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%9f%ef%bc%9f%e6%9c%80%e5%88%9d

 

1年目は元本が1.7倍になり、2年目は1.7倍の元本が1.3倍となりますから、合計で2.21倍です。

2年間で2.21倍になっていますが、平均すると何倍ずつ伸びたのでしょうか?

伸び率×伸び率=2.21 を計算すれば、平均の伸び率が算出できます。

 

2.21の平方根( √ ) を計算すると、

 = 1.49

となります。

%e5%b9%be%e4%bd%95%e5%b9%b3%e5%9d%87%e3%81%ae%e5%9b%b3

1.49-1=0.49    49%

この平均の伸び率が幾何平均です。

 

幾何平均では価格の変動(リスク)が平均収益率に反映されていることがわかります。

 

なるほど

 

次にマイナスの収益率が含まれる場合の算術平均と幾何平均の違いをみていきます。

 

次のデータは、ある株式の収益率のデータです。

 

1年目                  +10%

2年目                  -20%

3年目                  +20%

4年目                  -10%

 

このときの平均収益率を算術平均と幾何平均で計算してみます。

 

算術平均

 

10%+(-20%)+20%+(-10%)/4=0%

 

年当たりの平均収益率は0% 

 

 

幾何平均

 

仮に 最初の株価を10,000円とします

 

1年目

              10,000円×(100%+10%)=11,000円

2年目

              11,000円×(100%-20%)=8,800円

3年目

              8,800円×(100%+20%)=10,560円

4年目

              10,560円×(100%-10%)=9,504円

 

 

 

%e6%a0%aa%e4%be%a1%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab

 

購入価格が何倍になっているか?は以下のようになります。

%e4%bd%95%e5%80%8d%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%8b%e2%91%a1

 

 

4%e2%88%9a%e3%81%ae%e5%bc%8f

=0.987362・・・

≒0.987

 

0.987-1=-0.0126

-1.26%

 

この図では4年目の結果が同じです。

右(緑のグラフ)は幾何平均のグラフです。

%e5%b9%be%e4%bd%95%e5%b9%b3%e5%9d%87%e3%81%ae%e5%9b%b3%e2%91%a1

 

これは以下のような計算と同じ結果です

 

年当たりの平均収益率を r% とすると

10,000円×(100%+r%)×(100%+r%)×(100%+r%)×(100%+r%)=9,504円

ということです。

 

(100%+r%)^4 =9504/1000     ^4 は 4乗の意味です

 

r=-1.26%

 

Excelであれば関数で簡単に算出できます

powergeomeam

 

 

POWER関数は数字のべき乗を求める関数です

期末価格(9,504)/期首価格(10,000) の1/4 乗しています

 

GEOMEAM関数は幾何平均を求める関数です

110%×80%×120%×90% の幾何平均を求めています。

電卓カタカタ

 

 

■算術平均と幾何平均

 

1年目                  +10%

2年目                  -20%

3年目                  +20%

4年目                  -10%

 

この事例では、算術平均は 0% ですが 幾何平均では-1.26% とマイナスになっています。

 

マイナスがはいると、同じ率で増えても元には戻りません。

マイナス分を超える伸び率がないと戻らないのです。

価格の変動の影響です。

「リスクはリターンを蝕む」

「リスクをとりすぎると、リターンは得られない」

と言われていますが、このことを指しています。

チェック

 

 

過去の実績から収益率(リターン)を算出する場合は「幾何平均」を使用します。

将来の予測である期待収益率を算出する場合は「算術平均」を使用します。

 

参照 企業年金連合会

 “幾何平均の持つ意味は、再投資を前提とした複利の計算にある。幾何平均を公式的に表せば、以下の関係を満たすRgと定義される。

(1+Rg)=(1+R1)(1+R2)・・・(1+Rt)・・・(1+Rn)

注記:Rtは各期の1期間あたりの収益率

幾何平均は、過去の収益率を表すものとして、算術平均より優れている。幾何平均の積み重ねが過去の実際のパフォーマンスと一致する。たとえば、1年目の収益率が100%、2年目が−50%であったとする。幾何平均は、(1+Rg)2=(1+100/100)(1−50/100)=1であるから、Rg=0 となる。期初に100の資金でスタートした場合、2年目末の資金残高も100で、幾何平均による結果と一致する。算術平均による結果では、(100−50)/2=25%となり、運用の結果を正しく表すことができない。

 一方、算術平均は、これからの投資のパフォーマンスを考えるときに優っている点がある。たとえば、ある投資案件の収益率が100%か−50%のいずれかで、それぞれの生起確率は0.5ずつであるとする。その場合の期待収益率は、(100−50)/2=25%である。一方、幾何平均では0となり、この状況を正しく表すことができない。“

 

 

なお、算術平均は幾何平均よりも必ず大きくなります

証明は以下の算式を参照ください

%e7%ae%97%e8%a1%93%e5%b9%b3%e5%9d%87%e2%89%a7%e5%b9%be%e4%bd%95%e5%b9%b3%e5%9d%87%e3%81%ae%e8%a8%bc%e6%98%8e%e7%ae%97%e5%bc%8f

 

 

 

 

 

 

確定拠出年金という「制度」についてお伝えするセミナーを行います

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-20-12-33-28

このような方は、是非ご利用ください!

  • 現在、確定拠出年金をされている方、これからはじめる方
  • 資産形成で後悔したくない方
  • 企業で確定拠出年金の部署で働いている方
  • 保険代理店のマネーセミナー、マネースクールに参加されたことがある方
  • ドル・コスト平均法の本質を知りたい方
  • 積立投資の複利効果があると思っている方

 

主な内容

 

確定拠出年金 制度編

*日本の年金制度と加入関係

*確定拠出年金とは何か?

*企業型、個人型とは何か?

*確定拠出年金改正法成立による制度について

*加入から給付までの流れ

*個人型に加入するためには

*確定拠出年金がはじまった背景とは?

*企業年金の財政悪化について

*勤務先に確定拠出年金制度が導入されていたら、されることになったら

*企業が拠出している掛金の平均額は?

*企業が拠出した掛け金を従業員が返還しなければならないケースがある

*マッチング拠出について

*企業型DC加入者の個人型DC加入について

*選択制確定拠出年金について

*税制上のメリットについて

*現在凍結中の特別法人税について

*60歳までに退職した場合は

*年金の受け取り方法

*制度のメリット・デメリット

*運営管理機関、資産管理機関とは

*自動移換について

*投資信託について

*投資に関すること

*長期投資は誰でも成功するのか?

*確定拠出年金でうまく資産形成するためには?

等々

セミナー日程などのご案内

クリック

417766_7ff66113bdf24b34bce1a8734defc3f4-mv2

Tags:

コメントは受け付けていません。