確定拠出年金相談ねっと認定FP 木田 美智子

2018年 08月 30日

お子様がお金に振り回されない大人になるために

こんにちは。

確定拠出年金相談ねっとわーく認定FPの木田美智子です。

 

日本人はお金の教育を受けてこなかったので、

経済の仕組みや、資産運用はほとんどの人が行ってきませんでした。

これが大きな差となっていることをご存知でしょうか?

この20年間で資産運用をしているアメリカ人と

貯金をしている日本人の差が約3倍と大きく開いているのです。

 

アメリカでは金融や経済の勉強を小学生から学んでいきます。

日本でお金の勉強は始まったばかりです。

 

あなたは経済やのお金の教育うけてきましたか?

受けたと答える人は約4%と言われています。

やっと小学校の家庭科の教科書にお金の使い方が加わった程度です。

それだけでも大きな進歩と言えます。

 

小学校の出前授業で上手なお金の使い方を教えていますが、

子どもたちは、上手なお金の使い方を教えられていません。

 

ご家族の方から、これは買ってもいい。

これはダメと言われて判断しているのでよく理解できていません。

値段の高いものを買いますか?安いものを買いますか?

という質問に

ほとんどの子どもたちが安いものを選びます。

あなたならどのように教えますか?

「目的に合わせて買う」

ということです。その目的が安くても叶えられるのか、

それとも、値段の高いもので叶えられるのかということです。

 

最近、不安に思うことがあります。

それは、子どもたちの中には、お金に全く興味がない子がいることです。

一生かかわっていくお金について学びがあるかないかで

将来には大きく差がつくのではないでしょうか?

 

このままで大丈夫? やっぱり学びは必要です!

何か欲しいものがあるか、グループで話してもらったところ

「欲しいものが何もない。」「行きたいところも別にない。」

ということを答える子が複数いたことです。

中学受験する子も多いその小学校のご家庭はとても裕福です。

子どもたちが欲しいものは何でも買ってもらえ、

願いはすぐ叶えられているからなのではないかと

先生は考えていらっしゃいます。

 

このままで大丈夫なのでしょうか?夢がないって寂しいです。

お金は夢をかなえるために必要なものです。

 

子どもたちに経済のことを学んでほしい。

ずっと願っていました。

 

親子で学べるカードゲームが登場!

そんな子供たちが、ゲームをすることで自然に経済の仕組みが理解でき

そして、資産運用に必要な知識を身に付けられるとしたらいかがですか?

おとなも一緒に学ぶことができます。

 

大人でも難しい、経済の仕組みをカードで学ぶことができたら本当に良いですよね。

そんな願いを叶えてくれるカードをVESTAさんが作ってくれました。


それが

「アセットアロケーションゲーム」

 

山中先生と確定拠出年金相談ねっとメンバーで会社訪問し、ご案内いただきました。

親子で学べるこのカードゲーム

どんなカードなのかは次回以降、皆さんにご案内していきますね。

ご期待ください。

 

誰でも簡単に老後資金がつくれる制度をセミナーでご案内しています。

次回セミナー情報はこちら

 

Tags:

コメントは受け付けていません。