ファイナンシャルプランナー木田 美智子

2018年 09月 09日

投資信託を始めた皆さんが知っておきたい、未来の経済

こんにちは。

確定拠出年金相談ねっと認定FPの木田美智子です。

 

先日、日経IRフェアというイベントに参加してきました。

毎年行われていて、80社ほどの企業がブースを設けています。

同じ会社がずっと参加されているところもありますし、

毎回変化していくんですね。

その変化を見るのも楽しいですし、知らなかったけど、

世界中でその会社の商品が使われていたり、驚きがいっぱいあるのです。

 

今回はBToBで活躍している無名の(私が知らないだけかもしれませんが・・)

頑張っている会社さんがたくさん参加されていたのが印象的でした。

 

社長さん自らが熱い思いを語ってくださっているところも。

社長さんにお会いできるなんてめったにそんな機会はありません。

自分で訪ねてお会いすることができないような方々です。

この社長さんの下で働いてみたいと思うような

素敵な社長さんもいらっしゃいます。

ブース巡りも楽しいですよ!

 

私が参加しているのは、株を購入するための会社情報をキャッチするため

というよりは、日本の会社の頑張っている姿をみられること、

そして、感じられることです。

以前参加されていた会社さん、その後どうなっているかなって

株は買っていなくても気になったりします。

その後すごい成長を遂げていたりするところも多いです。

 

普段聞けない情報が得られることがあります

 

1番の目的は、竹中平蔵氏や、伊藤元重氏のような著名な方の

講演がついていること。人気ですから抽選で外れてしまうこともあります。

テレビでは、報道されていないような、世界の動きなどお聞きすることができます。

どんなお話をしてくださるのか、本当にわくわくしてしまいます。

 

私なりの解釈ですがシェアさせていただきます。

竹中さんのお話「日本経済の展望と成長への道筋」

伊藤元重さんお話「激動する内外経済をどう見るのか」

 

世界経済はどうなっているの?

世界経済は?

グレート・モデレーション大いなる安定の中にいます。

その中で経済的の2つの課題。

*少子高齢化で貯蓄率低下 *社会構造の変化に対応した働き方

今起きている世界経済をまとめると
1. 世界は高成長
2. インフレ率上昇 
3. 金融引き締め 世界経済を後退
4. 調整局面へ
5. 高成長から低成長へ調整
6. 貿易戦争

日本経済は、2018年は好調
19年後半に世界経済が失速の可能性、その時期に消費税引き上げ予定

今の日本経済をお天気に例えると
快晴だけれども、2つの台風が近くにいていつ襲ってくるかわからない状態。
金利の上昇⇒新興国の経済成長の鈍化

*米中貿易戦争

 

日本が成長していくためには?

長期的成長するために

日本人のイメージ~長時間働いてたくさん貯蓄する。

         日本人は働きすぎか?⇒労働時間15%減少

長寿の国(世界第2位)~働き方を変えていく

            AI・ロボットなどの進化により職業が変化

           無くなっていく職業(銀行の貸付係・公認会計士・野球の審判)

 

人生設計の見直し~20年学び、40年働き、20年の老後

         ⇒ロボット・IOT・ビッグテータ・シェアリングなどで

          ドラえもんの世界が来ている。

         ⇒変化に対応できる人になるために20年働いたら4年学び

          10年働いたらまた4年学ぶなど、常に新しい時代に合った働き方ができるようにする。

長期的な視点で、これからどういう時代になっていくのか

未来の姿をイメージして、投資をすることが必要だって感じていただけましたか?

 

確定拠出年金やつみたてNISAを始めた方は投資家の一員です。

皆さんのお金をどこに働きに出すのかヒントがつまっていますね。

ご参考になればうれしいです。

 

次回セミナーは9月16日です。確定拠出年金iDeCoご興味ある方はぜひどうぞ!

【横浜】9月16日(日)10:00~11:30 「老後資金づくりセミナー②」確定拠出年金iDeCoの始め方セミナー開催のご案内


関連記事はこちら