ファイナンシャルプランナー青山 創星

2020年 05月 07日

バフェットの投資法をしっかり学びたい方へのおすすめの書、3選(その1)

こんにちは、青山創星です。

BOS(バフェット・オンライン・スクール)で学んだ学生の方々は、すでにバフェット投資の基礎は十分に身につけておられます。

更にバフェットの投資法を深めるためには何を学んだらいいでしょうか?

 

ウォーレンバフェットはこのように言っています。

「あなたは会計を理解するだけでなく、会計の行間に潜む機微を理解する必要がある。会計はビジネスの共通言語だ。言語として完全とはいいがたいものの、会計を学ぶ努力をしない限り、そして財務諸表を読んで理解する努力をしない限り、自分で株の銘柄を選択することなど夢のまた夢である」

財務諸表というのは、BS(貸借対照表)やPL(損益計算書)やCF(キャッシュフロー表)のことです。

これをまともに勉強しようとすると、簿記を学ぶというところから始めることになりとても大変です。

しかし、そんな方もご安心ください。

私たちの先生メアリー・バフェットさんの書かれた本を読めば、短時間でウォーレン・バフェットの視点で財務諸表を読むことができるようになります。

そんな素晴らしい本があります。

 

私の勉強会などでは今まで何度もご紹介した本なので既に手に入れた方もおられると思います。

amzn.to/2YlSRQp

B/SやP/LやC/Fのどこをどのように見ればMOATを持つ企業を見分けることができるのか、その企業をどのように評価すればよいのかがわかりやすく説明されています。

全く財務諸表を勉強したことがなく、BOSで初めてこれに触れたという方には少しだけ敷居が高く感じられるかもしてません。
しかし、実例を挙げながらどの数字をどのように読めばよいかが具体的に解説されているので自分の分析したい会社の財務諸表と比較しながら学ぶことができます。

 

この本から一つの例をお見せしましょう。

この本のMOATを見抜く58のルールのうちの43番目のルールに「私たちが探し求める会社は、自己株式調整済み負債比率が0.80以下」という項目があります。

「負債比率」は、「企業に永続的競争優位性があるかどうかを判定するさいの重要な指標となる」とされています。

しかし、この負債比率をMOAT判定の指標として使う時に、ひとつの問題があるとされています。

負債比率というのは

  負債 ÷ 純資産

で計算します。

この指標が小さければ小さいほどよいということになります。

 

しかし、永続的なMOATを持つ企業であってもこの負債比率が大きくなってしまう企業があるのです。
ちょっと矛盾していますよね。

永続的なMOATを持つ企業の中には、負債(分子)の金額はそんなに大きくなくても純資産(分母)も小さいため負債比率が大きくなってしまう企業があるのです。

「秀でた経済性から好業績を引き出しているため、純資産を維持していく必要が」なく、「純資産を自社株買いに振り向け」ている会社もあるのです。このような会社では負債の金額に比べて純資産の金額が小さくなってしまうため負債比率は大きくなってしまいます。

このようなMOATを持った企業は負債比率だけでは見分けることができません。

そこで、そのような企業を見分けるためにこの43番目のルールは私たちに「私たちが探し求める会社は、自己株式調整済み負債比率が0.80以下」ということを教えてくれてます。

具体的には

自己株式調整済み負債比率というのは

  負債 ÷ (純資産+自己株式)

で計算することができます。

これが0.80以下であれば「永続的競争優位性を持つ企業」である可能性があるということになるのです。

 

この本にはこのようなルールが58書かれています。

しかし、BOSの学生はその中の2/3以上はすでに学んだことです。

少し表現を変えて書かれているだけです。

BOSの学生にとって本書はバフェットの視点から財務諸表を読むことができるようになる最短距離を示してくれているものと言えるでしょう。

もちろん、BOSの学生でなく初めてバフェット投資を学ぼうという方にも絶好の書です。

 

読む本というよりは

バフェット投資の公式集

と言えるかもしれません。

つまり、使う本といった方がよいかもしれません。

 

コロナショックで時間ができた方、また、そうでない方もこの投資チャンスに読んでみてはいかがでしょうか。

 

 

青山創星

P.S.
満席御礼❢❢❢
以下の講座は、申込受付直後に予定席完売となりました。
ありがとうございました。

先日午後11:30からzoomでBuffett Visionの使い方講座を開催しました。
16名ほどの方々にご参加いただきました。
みなさんとても熱心にご参加いただき、質問もたくさんいただきました。

ありがとうございました。

バフェット投資の観点で銘柄を評価するためのツールがBuffett Vision
世界にたった一つのあなただけのBuffett Visionを創ることを通してエクセル力を身につけ、これからの人生を充実したものにするための講座「エクセル使いの達人養成講座」。
その教材であるBuffett Visionの使い方を学ぶオンライン講座でした。

先日の「エクセル使いの達人養成講座」の初回募集は募集開始後十数分で売り切れてしまいました。
多くの方々から追加募集のご希望をいただきました。
そこで、追加の募集をさせていただくことにしました。

この講座は、膨大な時間と労力をかけて創っているものです。
今回募集は格安価格の募集では最後のものになると思います。
ご興味のある方はこの機会をお見逃しなく。

5月24日(日)お昼頃にお申し込み受付開始の予定です。

<講座内容の詳細はこちら>
wp.me/pat18r-18E

上記サイトからはお申込みいただけません。
特別なリンクから入っていただき、特別な割引コードを入力いただくと大幅割引価格でお申込みいただけます。

ご興味のある方はFacebookのメッセージまたはLineで青山創星までご連絡ください。
特別なリンクと特別な割引コードを差し上げます。
但し、予定人数に達し次第終了予定ですのでご了承ください。

この講座のお申込み・ご参加は、BOS(バフェットオンラインスクール)のメンバーの方だけが対象となります。

本気で学びたい方、お待ちしています。

 

以下からは上記募集についてのお問い合わせは受けていませんのでご了承ください。

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖

 

 

役に立つメルマガも定期配信中!

▼▼メールマガジン「青山創星のiDeCo(イデコ)入門講座」のご登録はこちらから▼▼



関連記事はこちら