ファイナンシャルプランナー青山 創星

2020年 05月 23日

バフェットの投資法をしっかり学びたい方へのおすすめの書、3選(その2)

こんにちは、青山創星です。

BOS(バフェット・オンライン・スクール)で学んだ学生の方々が更にバフェットの投資法を深く理解するには何を読んだらいいでしょうか?

今日はその2冊目のご紹介です。

これも、

私たちの先生メアリー・バフェットさんの書かれた本です。

amzn.to/36oLoSB

 

バフェット氏が消費者独占型企業を選択するために使っている宝さがしの鍵が体系的にまとめられているのがこの本です。

ワークブック形式をとっているので、「パソコンをオンにして、鉛筆とメモ用紙を用意し」て読む本です。

BOSの学生のあなたには言うまでもないことですが、バフェット氏の投資の大原則は

① よいビジネスを見つけ
② 適正価格以下なら

投資する、ということでしたね。

コロナ禍の今の状況は

「株式市場は時として偉大な企業に関する悪材料に過剰反応して売り浴びせることがあり、その銘柄に妥当な評価を下している数少ない投資家に絶好の買い場を提供してくれるのだ」

と言われている、まさに、まさにその状況です。

 

この本の前半では①について書かれています。

「ここでは個々の企業の長期的なファンダメンタルズの強さと質の高さを、バフェットがいかに見極めるのかを学ぶ。より具体的には、その企業のファンダメンタルズが、そもそも株価が売り込まれる原因になった当面の嵐を乗り切って行けるだけの力強さを持つものなのかどうかの判断である」

 

そして、後半では②の数量的な分析について書かれています。

「優良企業に投資するとして、妥当な株価はいくらなのかを算定する公式を学ぶ。バフェットは『複利ベースの年平均投信収益率(年平均リターンともいう)』を予測し、その水準が『企業のオーナーとして』正当化するのに十分な高さになるような低株価の時に購入する。この平均的投資収益率の予測はいくつかのステップを踏んで計算されるが、その計算方法は本書の中で詳しく説明されている」

とされ、

「この計算にはパソコンソフトの『エクセル』を使うと便利である。かつては一部のプロしか享受できなかったIT(情報技術)も、今では誰でも簡単に利用できるようになった

と、投資についてのエクセルの有用性についても述べられています。

 

BOSの学生が学んでいる「②適正価格」の計算には、実はこの本に書かれている手法は使われていません。

なぜでしょうか?

これは私の想像になってしまうのですが、多分ここに書かれている手法は前提条件が多く複雑だからではないかと思っています。

BOSで学んでいる計算の手法は広く一般的に使われている手法です。

ですからそれを使うのは問題ありません。

しかし、計算(バリュエーション)の手法にはこの本に書かれている手法のように他にもあるのでそれらも知っておくことはBOS学生がさらに上級者を目指すには必要なことだと思います。

 

多分この本の後半を読んでも簡単にその手法を理解して計算できる人は多くはないかもしれません。

しかし、この手法がバフェット氏の使っている基本的な方法だということを知っておくのは必要なことだと思います。

 

 

コロナ禍で株価は大きく下げました。

2020年の2月初めにはBOSの手法で分析して高すぎて買えなかったような優良企業の株が、今では買えるものがたくさん出てきています。

 

それでも今、買おうか買うまいか悩んでいる方も多いと思います。

 

その悩みを分析すると、

A.コロナ禍の影響が長引き、これから企業の状況がもっと悪くなりはしないか

B.コロナ禍の第2波、第3波が来て株価がもっと下がりはしないか

の二つが混在しているのではないでしょうか。

しかし、ここで思い出して下さい。

これはまさにBOSで学んだ①、②そのもの(A=①、B=②)なのです。

ここがグラついてはいけないのです。

 

「バフェットの投資手法は比較的単純なものだが、それは人間の本質に反するものでもあるのだ。過去を振り返って正当化するのは簡単なことである。だが、将来に向かって同じことを実行するのは数段難しい

これがまさに今の悩みを言い当てているのではないでしょうか。

 

普通の人間の感じること、考えることに従っていては平均的なリターンしか得ることはできないのです。

 

BOSの学生が学んだ①、②の手法をクリアしていれば買ってよいのです。

バフェット氏も今回のコロナ禍にあたって米航空株の取得について「間違いだった」と認めています。

バフェット氏でも間違うことはあるのです。

しかし、バフェット氏もこの大規模なポートフォリオとしてはとても少ないとはいえ50個ほどの株に分散投資しています。

Aについては、同じようにいくつかの銘柄に分散投資することでリスクを減らすことができます。

Bについては、これから少しの下げはあっても株価が上昇してしまうかもしれませんが、逆にワクチン開発が遅れるなどで経済状況がさらに悪くなり株価がさらに急落するかもしれません。しかし、株価を見てはいけない、とバフェット氏は繰り返し繰り返し説いています。株価がどうなるかはバフェット氏ですらわからないのです。

では、どうしたらよいのか?

こちらも分散です。

時間分散と言われる手法です。

つまり、少しづつ少しづつ分けて買っていくという手法です。

 

この本の前書きは、

「悪材料が出た時に買い向かうのは、『言うは易く行うは難し』である。バフェットの投資手法を十分に理解し、実践に必要なガッツを身につけた数少ない読者は、遠からず、尽きることのない宝の井戸を掘り当てられるだろう。さあ、パソコンをオンにして、鉛筆とメモ用紙を用意し、最初の1億円に向けての道筋を立て始めようではないか」

という言葉で締めくくられています。

 

この本では、私たちがBOSで学んだ実践的な知識の裏側にある、なぜ?という疑問を体系的に学ぶことができます。

コロナ禍でまだまだ活動が本格的になっていない今、この本で今一度学んだ知識をしっかりとしたものにして自信を持って投資に向かっていけるとよいと思います。

 

青山創星

 

P.S.
満席御礼❢❢❢
以下の講座は、申込受付直後に予定席完売となりました。
ありがとうございました。


先日午後11:30からzoomでBuffett Visionの使い方講座を開催しました。
16名ほどの方々にご参加いただきました。
みなさんとても熱心にご参加いただき、質問もたくさんいただきました。

ありがとうございました。

バフェット投資の観点で銘柄を評価するためのツールがBuffett Vision
世界にたった一つのあなただけのBuffett Visionを創ることを通してエクセル力を身につけ、これからの人生を充実したものにするための講座「エクセル使いの達人養成講座」。
その教材であるBuffett Visionの使い方を学ぶオンライン講座でした。

先日の「エクセル使いの達人養成講座」の初回募集は募集開始後十数分で売り切れてしまいました。
多くの方々から追加募集のご希望をいただきました。
そこで、追加の募集をさせていただくことにしました。

この講座は、膨大な時間と労力をかけて創っているものです。
今回募集は格安価格の募集では最後のものになると思います。
ご興味のある方はこの機会をお見逃しなく。

5月24日(日)お昼頃にお申し込み受付開始の予定です。

<講座内容の詳細はこちら>
wp.me/pat18r-18E

上記サイトからはお申込みいただけません。
特別なリンクから入っていただき、特別な割引コードを入力いただくと大幅割引価格でお申込みいただけます。

ご興味のある方はFacebookのメッセージまたはLineで青山創星までご連絡ください。
特別なリンクと特別な割引コードを差し上げます。
但し、予定人数に達し次第終了予定ですのでご了承ください。
この講座のお申込み・ご参加は、BOS(バフェットオンラインスクール)のメンバーの方だけが対象となります。

本気で学びたい方、お待ちしています。

 

 

以下からは上記募集についてのお申込み・お問い合わせは受けつけていませんのでご了承ください。

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖

 

 

 

 

 

役に立つメルマガも定期配信中!

▼▼メールマガジン「青山創星のiDeCo(イデコ)入門講座」のご登録はこちらから▼▼



関連記事はこちら