ファイナンシャルプランナー井上 佳子

2020年 05月 08日

大学等修学支援法をご存知でしたか?

先ほど私の保険のお客様から保険の解約のご依頼がありました。
このお客様は、女性でお子さんが3人。ご自身も働いていてご主人と2馬力です。万が一自分が亡くなったら子供達に満足に教育を受けさせることができるのか?
そのような心配からご自身が被保険者となり、掛け捨て型の保険にご加入くださいました。
何度もなんどもお会いして、提案書を吟味して入られましたから、解約なんて、いったいどうして?

解約したい理由は、「国の制度が変わったので必要なくなりました。」とのことでした。
国の制度が変わったとは?
よ〜く聞いてみると、「大学等修学支援法」のことでした。
皆さんはこの支援法はご存知でしたか?

この法律は、2020年4月から始まりました。
財源は消費税の増収分を投じて約7600億円。これで75万人が支援を受けられるようになります。
会社員であっても昔のように年功序列でお給料が上がっていくことは無いに等しい状況ですから、多くの方が教育費には悩むところです。ですから奥様もパートなり、婚姻前からのお勤めを継続されている方が多いです。専業主婦の方は私の周りにはあまりいらっしゃいません。

では、この法をおさらいしましょう。

対象となるのは、大学生(短大・高等専門学校・専門学校を含む)の授業料と入学金。
そのほかに返済不要の奨学金が支給されます。

授業料などの減免の上限額
                国立           私立
             授業料  入学金     授業料  入学金  
      大学生    54万円  28万円    70万円  28万円
      短大生    39万円  17万円    62万円  25万円
      高等専    23万円   8万円    70万円  13万円
      専門学校   17万円   7万円    59万円  16万円

奨学金(返済不要)
                自宅生          自宅外生
      国公立      35万円/年間       80万円/年間
      私立       46万円/年間       91万円/年間

対象となる世帯は年収により3段階になり
  ① 住民税非課税世帯(年収270万円未満)   全額支給
  ② 年収270万円〜300万円未満        非課税世帯の3分の2
  ③ 年収300万円〜380万円未満        非課税世帯の3分の1

以上が支援の金額ですが、皆さんはこの金額を見てどう思われますか?
多くの学生さんが対象になり助かるご家庭も増えると思います。ですが、これだけでは充分とは言えないと私は思いますが、どう思われますか?
お釣りが出るほど貰えることはありません。当然ですよね、国の大切な税収を投入するわけですから。
しかも学生さんご自身にも条件がつきます。
例えば、・退学または停学になったら支給打ち切り
    ・取得単位数が標準の5割以下になったら支給打ち切り

具体的に考えて見ました。
もしも私立大学生で親元を離れてアパートで一人暮らしをしながら通学した場合、(私の息子を想像してますが)
都内の某有名私立大学の理工学部で試算しています。
入学金    20万円
学費     年間144万円
実習費    年間10万円
アパート代  年間84万円
食費・雑費  年間120万円(教科書・文具含む) 合計378万円/初年度
安く見積もってもこんなものでしょうか。実際にはもっとかかると思います。経験から申し上げると教授の書いた書籍を授業で使う場合には超ビックリなお値段の本を買わされます。(ごめんなさい。)

私の場合は、結局息子にはこちらを諦めてもらい、東北地方の国立大学に行ってもらいました。
シングルマザーには到底無理な金額でしたし、娘も3年後には大学進学をひかえてましたからどう計算しても長男一人にこの金額は出せませんでした。

10年前にこの制度があったなら、年間378万円から
入学金20万円、学費70万円、自宅外生ですから91万円(全部年額で計算)が支援されます。

  378万円   −  181万円   =  197万円が実際の負担する金額となります。
(初年度納入金額) (大学等修学支援)
実際に当てはめて計算すると181万円の支援は大きいですね。約半分になりました。最初はこの制度、全然足りないじゃん!!と思ってましたが、これはありがたい制度ですね。
ホント10年前から欲しかった!

ですが、忘れてはならないのが、この恩恵を受けられるのは低所得世帯と言われる世帯のみ。年収380万円を超えたら1円も貰えないのです。

197万円プラスαの自己負担分はやはり早い段階から少しずつ準備していく必要はありますね。

大学をどこにするのか? お子さんが小さい時から考えておくことはとても重要だと思います。
場所とレベルと将来の夢がマッチする大学。
下宿する地域によってもアパート代は変わるでしょうし、女の子の場合はオートロックがいいとか条件も変わるでしょうしね。

この春から大変良い制度が始まりましたから、条件が合う方には是非活用していただきたいです。

「大学等修学支援法」についてご検討の方は、ご参考までに
管轄は文部科学省
対象となるかの要件に関することは、
           独立行政法人日本学生支援機構 奨学金相談センター
           電話 0570−666−301
給付型奨学金の申込手続きに関することも同上。
授業料の減免の申込手続きに関することは、在学している大学等。
進学予定の方は、その予定している大学等。


また、不足分をどう作っていくのかもよろしかったら一緒に考えて行きたいです。お悩みの方は是非ご一報くださいませ。





関連記事はこちら