確定拠出年金相談ねっと認定FP 福田 斉子

2018年 11月 03日

【夫婦×お金 研究会 No.9】離婚、氏の変更どうする?

離婚によって、困るのが名前です。

女性はほとんどの場合、結婚するとご主人の姓を名乗ることになります。

男性、女性、どちらの姓を選んでもいいのですが、男性の姓を選ぶ方が多いので、女性が改姓することになります。

 

いったい私は誰?

もう、ヤダ!

と落ち込んで話し始めた裕子さん(仮名)。

この裕子さんは二度目の離婚で、もう結婚はこりごり。元の自分の姓に戻って残りの人生を楽しく過ごそうと思ったそうですが、叶いませんでした。

 

原則、離婚によって婚姻前の氏に復するという民法の決まりがありますが、離婚から3か月以内に届けることによって、離婚の際に称していた氏を称し続けることができます。3か月以内といっても、旧姓に戻さない場合は、ほとんどが「離婚届」と一緒に「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出することになります。

 

裕子さんは、子どものためと思い離婚後も婚姻中の名前を称していました。

離婚後に仕事を始めた裕子さんは、頑張り続けて独立起業して現在は従業員を抱える会社の社長になっていました。

やがて子どもも独立して、裕子さんは再婚しました。

再婚後はご主人の姓を名乗っていましたが、残念なことにその結婚生活は長くは続きませんでした。

もう元の自分に戻って仕事に専念しようと思い離婚の時に旧姓に戻そうと思いましたが、一つ前の姓にしか戻すことができないと言われてしまったのです。

 

例えば、裕子さんのご実家の姓が樋口さんだったとしましょう。

そして芥川さんという方と結婚して「芥川」を名乗り、離婚後も「芥川」姓を名乗っていました。

そのまま芥川裕子として江戸川さんという方と再婚し、離婚。

この時に樋口姓に戻そうとしたところ、あなたの旧姓は「芥川」なので戻すなら芥川さんですよ。

と言われてしまったのです。

 

裕子さんにしてみれば、芥川も他人、江戸川も他人という気持ちでがっかりしてしまいました。

これから先ずっと他人の姓を名乗らなければいけないなんて、いったい私は誰?

とおっしゃっていらっしゃいました。

 

再婚するときに旧姓に戻すの面倒だわ

こちらは智子さん(仮名)のお話です。

智子さんも離婚後、お子さんのこともあり元夫の姓を名乗ってきました。

 

そして、お子さんが結婚してしばらくすると「私も幸せになったから、お母さんも幸せになって欲しい。もう木村さんと結婚していいよ」といわれました。

智子さんには、15年以上お付き合いをしている男性がいました。

ですが、子どもがいるから、結婚はしない。

子どもが独立してからは、もう年だから結婚しない。

と、おっしゃっていました。

しかし、お嬢さんの勧めもあって再婚することになりました。

 

智子さんは離婚後の鈴木姓をずっと名乗っていました。

そこで、木村さんは「僕は鈴木さんから嫁を貰うわけじゃない。中村さんから嫁を貰うんだ。旧姓に戻してくれ。」と言ってきたのです。

智子さんは、何古臭いこと言ってるのかしら。名前なんかどうでもいいじゃない。

と、文句を言いつつ、木村さんの気持ちを尊重して旧姓に戻してから再婚をしました。

 

その後、智子さんは離婚した場合は一つ前の姓にしか戻れないことを知って、木村さんが古い人で良かったと笑っていました。

しかし、再婚してから20年以上。旧姓に戻ることはなさそうですね。

※全て仮名です

 

まとめ

名前って、本当に重要ですね。

智子さんのように、離婚後年数がたってからでも旧姓に戻すことができますが、その場合は、家庭裁判所に申立てをして、家庭裁判所の許可をもらいます。

自分の名前に戻すのになぜ家庭裁判所の許可必要なのかしら?と思われる方もいらっしゃると思います。

私も最初はそう思いました。

そして申立てをするためには、やむを得ない事情が必要です。

やむを得ない事情とは

氏の変更をしないとその人の社会生活において著しい支障を来す場合

とされています。

家庭裁判所の担当者の話しでは、借金を踏み倒すために改姓したいというのは絶対に認められないけど、実家に住むのに両親と姓が違うのは不都合になるという理由は大丈夫ということでした。

 

改姓されると運転免許証や銀行の通帳、年金手帳、携帯電話などなどたくさんの名義変更が必要になります。

特にお金に関することの名義変更が多いので、漏らさず変更してください。

 

セミナーのお知らせ

【ねんきん定期便まるわかり】

日時:12月9日(日)13:00~14:30

場所:セブンカルチャークラブ 武蔵境

お申込み・お問い合わせはセブンカルチャークラブになります

TEL:0422-31-4114

 

Tags:

コメントは受け付けていません。