ファイナンシャルプランナー森田 吉宣

2019年 08月 31日

将来的なお金の不安の正体を突き止める

初回は「不安」について

例えば、将来に対してお金の面で不安を持っている人がいたとします。

その人は不安があるから積立定期預金を毎月毎月苦労しながら行ってます。

 

この積立定期預金は非常に大事なことですが、ここで一度考えて欲しいのが

*一体いくら貯まったらお金に対する不安がなくなるか?です。

 

この「いくら」がわかっていないと不安をなくすることは難しくなります。

結局ゴールがわかっていないので、どれくらい続ければいいのか全くわからずに

終わりのない作業を続けることになります。

 

それでは精神的な負荷が大きく、疲弊していくばかりです。

 

まず大事なことは「いつまでに」「いくら」を設定すること。

これは一人一人の人生観が元になるのですが、詳細を決めるよりも漠然とでいいので

一度考えてみてください。

 

そしたらそこに向かってどのような方法があるかを探す作業になります。

そしてその作業を繰り返すことで目標に近づき、不安がなくなっていきます。


関連記事はこちら