ファイナンシャルプランナー青山 創星

2019年 01月 07日

あなただけのローリスクな錬金術投資法を見つけよう!(8)

為替リスクが怖いのでは?

為替リスクを勘案した場合、一体どれくらいの利回りが得られるのでしょうか?
過去のデータで分析してみましょう。
投資にあたっては、まずは過去どうだったかをデータに基づいて客観的に分析することが重要です。

ゼロクーポン債での長期投資は為替リスクを凌駕する

下のグラフをご覧になってください。

1977年2月15日の米ゼロクーポン債(30年物)のドルベースでの利回りは7.7%でした。

もし、1977年2月15日に円をドルに換えて投資し、30年後の2007年2月15日に戻ってきたドルを円に換えたとしたら円ベースでの利回りは4.64%になります。

なぜドルベースの利回りが7.7%なのに円ベースでの利回りが4.64%にまで下がってしまうのかというと、為替レートが1977年2月15日の283.93円/ドルから2007年2月15日には119.48円/ドルにまで円高になってしまったからです。
しかし、これだけ円高になってしまったにもかかわらず4.64%をキープしているともいえるのです。
ドルの価値が283.93円から119.48円にまで半分以下にまで下がっているということは、円で投資した元本が半分以下になってしまったということです。しかしそれでもなお、元本割れするどころか4.64%もの利回りをキープしているのです。

こんな凄いことが実現できているのは、米30年債のドル建ての利回りが高いということもありますが、割引債であるため途中で課税されず、30年という長期間にわたり複利効果が存分に活かされた結果、雪だるま式に増えたことによるものなのです。
このグラフから、1977年2月から1988年12月まで一貫して元本割れどころか、為替損益込みの利回りは4%~9%程度を維持していることが分かります。

 

 

お金を出しても学べない無料のメールマガジン準備中

無料のメールマガジンを準備中です。

もっともっと詳しく学びたいという方は、投資に関する相談もご利用ください。
今すぐこちらをクリック⇓⇓⇓
fpsdn.net/fp/saoyama/info/1581

 

投資の家庭教師

青山創星

役に立つメルマガも定期配信中!

▼▼メールマガジン「青山創星のiDeCo(イデコ)入門講座」のご登録はこちらから▼▼



関連記事はこちら