ファイナンシャルプランナー林 智慮

2019年 12月 17日

顧客の利益、会社の利益 

FP相談ねっと認定FP林です。

 

今年も残すところ半月ほどの今日、日経平均株価は年初来高値24091.12円をつけました。

そんな中、寄りつきから「かんぽ生命」の株価は昨日より大きく下落し、89円安の1889円となることも。後場は上昇し終値は53円安の1925円でした。

昨日の夕方18時、日本経済新聞電子版のイブニングスクープで、かんぽ生命と日本郵便に対して金融庁が業務停止命令を出す方向でいると報道されました。

その後、各報道機関の発表が次々と。

この影響でしょう。

 

今朝の中日新聞、1面にも出ていました。

今年の6月、かんぽ生命・ゆうちょ銀行が高齢者に対して保険や投信を不適切に販売したことが明るみになり、金融庁が調査をすすめていました。

法令や社内規定に違反した疑いがあるのは15日の時点で12836件。

約半分が調査され、そのうち、顧客に虚偽の説明をしたのが48件。・・・ウソはいけません。

家族を同席させずに高齢者と契約するなどの社内規定違反が622件。・・・心が痛みませんか。

手数料を稼ぐと会社は潤いますが。

 

平成21年も、かんぽ生命・日本郵政に対し業務改善命令が発表されていました。当時は、社員による解約還付金等の横領でした。

民営化されたものの、もとは国の金融機関。信頼しきっている顧客を欺いてはなりませんね。


関連記事はこちら