井内 義典

【メディア実績】ファイナンシャルフィールド「2024年度の年金額はどれくらい上がる?(2)」

ご覧の皆さま、こんにちは。

活動拠点は横浜。公的年金、若年層の金銭教育を得意分野とする、ハマのCFP®・社労士・1級DCプランナーの井内(いのうち)です。

ファイナンシャルフィールドで新規記事「2024年度の年金額はどれくらい上がる?(2)」が掲載されました。

2024年度の年金額について、全2回で取り上げますが、その第2回目となります。

今回の内容は、2024年度の満額の老齢基礎年金の額についてです。

2023年度の額との比較をしていますが、2023年度より年金額が上がっています。

いくらどのように上がっているか、その計算根拠を示していますので、ご覧いただければ幸いです。

年金額の改定ルールや年金額改定の概要を取り上げた、前回・第1回目については「2024年度の年金額はどれくらい上がる?(1)」になります。

———————————————————————————————————————-

【FP相談ねっと・井内義典 これまでの実績】

●FP個別相談、金融機関の相談会等含め年金相談は合計5000件以上経験。

●教育研修は地方自治体職員向け、年金事務担当者向け、社会保険労務士向け、FP向け、社会人1年生向けなど。㈱服部年金企画講師。

●執筆は通算450本以上!『週刊社会保障』の「スキルアップ年金相談」「年金相談のトビラ」(法研様)、月刊『企業年金』の「知って得!公的年金&マネープラン」(企業年金連合会様)、「東洋経済オンライン」(東洋経済新報社様)、「MONEY PLUS」(マネーフォワード様)、「Finasee(フィナシー)」(想研様)、「現代ビジネス」(講談社様)、「THE GOLD ONLINE」「THE GOLD 60」(幻冬舎ゴールドオンライン様)、「あなたのお金と暮らしのそばに。ハマシェルジュ」(横浜銀行様)、「よるかぶラボ」(ジャパンネクスト証券様)、「ファイナンシャルフィールド」(ブレイクメディア様)。その他、FUSOSHA MOOK「定年前後に得するお金の手続き」(扶桑社様)共同監修、「1級DCプランナー合格対策問題集」(経営企画出版・共著)。

●調査研究活動は研究論文「老齢年金の繰下げ受給の在り方-遺族厚生年金の受給権がある場合-」(日本年金学会編『日本年金学会誌第39号』)など。日本年金学会会員。

関連記事

【メディア実績】フィナシー「年収1200万円の会社員は年金、いくらもらえる? 年収600万円の人の“倍”ではない理由は?」
ご覧の皆さま、こんにちは。 活動拠点は横浜。公的年金、若年層の金銭教育を得意分野とする、ハマのCFP®・社労士・1級DCプランナーの井内(いのうち)です。 フィナシー(想研様)で新規記事「年収1200万円の会社員は年金、いくらもらえる? 年収600万円の人の“倍”ではない理由は?」が掲載されました。 平均年収ごとの年金額の記事、第6回目・……
【メディア実績】4月24日・日本経済新聞夕刊『家計のギモン』取材協力
ご覧の皆さま、こんにちは。 活動拠点は横浜。公的年金、若年層の金銭教育を得意分野とする、ハマのCFP®・社労士・1級DCプランナーの井内(いのうち)です。 日本経済新聞・4月24日夕刊の『家計のギモン』で取材をいただきました。 「60歳以上の国民年金 任意加入で満額受給も」が今回のテーマとなります。 60歳時点で老齢基礎年金が満額で……
【メディア実績】ファイナンシャルフィールド「40年近く遺族年金を受給、65歳からの年金はどうなる?」
ご覧の皆さま、こんにちは。 活動拠点は横浜。公的年金、若年層の金銭教育を得意分野とする、ハマのCFP®・社労士・1級DCプランナーの井内(いのうち)です。 ファイナンシャルフィールドで新規記事「40年近く遺族年金を受給、65歳からの年金はどうなる?」が掲載されました。 今回は若くして会社員の夫を亡くしたため、遺族年金を受給し続け、そのまま……
【メディア実績】東洋経済オンライン「年金開始「60歳vs.65歳」、受取り額逆転は何歳か」
ご覧の皆さま、こんにちは。 私の住む神奈川県は、5月にしては寒いくらいの日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。 東洋経済新報社様の「東洋経済オンライン」で新規に執筆しました記事「年金開始「60歳vs.65歳」、受取り額逆転は何歳か」を掲載頂きました。 今回は老齢年金を前倒しで受け取る繰上げ受給制度についてです。 繰上げ受給に……