ファイナンシャルプランナー森次 美尊

2022年 01月 10日

”長期積立分散投資”のススメ!僕の理念・想いを語ります!

あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。
本年も変わらぬお付き合いを、どうぞよろしくお願い致します。

ファイナンシャルプランナーの森次です。
僕のYouTubeチャンネル、登録者が1,000名突破しました!
ありがとうございまーす!!

週に1回、1年近く、マイペースにやって来させていただきました。
そして気が付けば、登録者が1,000名超え
登録者が1,000名を超えるって言うのは、YouTubeをやっている人の中で大体1割らしいです。
本当に皆さまのお陰です。どうもありがとうございます。

と言うことで、今日はなぜ僕がこういった『YouTube』を始めたのか
ということをお話していきたいと思います。

僕には理念があります。

『日本の金融リテラシーを向上させて、より豊かな日本を子供たちに残す』

そのために、
日々お客さまと個別相談をやらせていただいたり、
セミナーをしたり、
同業者に向けて僕のノウハウを教えるような”森次塾”を開講したり、
オンラインサロンで同志・仲間を募って、日本を良くしていこうぜ!という、活動をしたり、、、
いろいろやっているんですが、その活動の一環として『YouTube』という形でも、
自分の話がみんなのお役に立てばいいなと思い、続けています。

『YouTube』は当初、自分のお客さまに向けたサービスの一環でした。
個別相談の前後で「ちょっと予習しておいてください」「復習しておいてください」というような、
こんな形で使えたらいいよな、というコンテンツとしてスタートしたんですが、
気づけば同業者の方にめちゃくちゃ愛されるようになりました。

例えば、ある会社では、新人研修で僕の『YouTube』を使っていただいたりとか、
お客さまと面談する前に「とりあえず、これ見ておいてください」という風に
使っていただいている人もいる、ということで、本当にありがとうございます。

もちろん、一般の方にもたくさん見ていただいている、ということで、ありがたく思っています。

話を戻して、なぜ僕が理念のもと、こういう活動をしているか、ということなんですが、
日本って、なんとなく将来性がない、というか、
あまり良いイメージがない、
経済的になんとなく右肩下がり、というイメージじゃないでしょうか?

”貧しい日本”って本当なのかな?

ということで、個人金融資産を見てみましょう。

1995年、日本は1,182兆円くらいの個人金融資産を持っていました。
2019年時点で、1,864兆円になっており、大体1.55倍に増えています。
これだけじゃ、多いか少ないか分からないので、比較のためアメリカの場合はどうか見てみます。

1995年、アメリカは2,343兆円で、日本の倍くらいなんですが、
これは人口自体も違うので、仕方ないことですね。
問題は伸び率です。
2019年時点で、アメリカは9,855兆円に増えていて、大体4倍になっています。
日本は1.55倍の伸びに対して、アメリカは4.2倍まで伸びているんです。

アメリカという国には『401K』っていう有名な、
日本で言う『確定拠出年金』みたいなものがあるんです。
1980年代から導入していて、半強制的に加入させられます。
要するに「やらない」と言わない限り、とりあえず最初は加入している状態で、
半強制的にみんながやっていて、それを時間をかけて資産運用をやっていった結果、
すごくうまくいって、個人の資産が増えたという現状があるわけです。
いよいよ日本でも、2000年に入ってから、そういった制度を整えて『確定拠出年金』や、
今では『iDeCo』や『NISA』がやっと主流になってきましたが、まだまだ広まっていかないなぁ、
というところなんですね。

日本のこれからの突破口っていうのは、ここですよね。
なんせ個人金融資産が1,864兆円もあるんです。
この多くが、現金・預貯金で置いてあるということですから、やはりここを投資へ回していく。
その一助になるような、情報提供ができないかな?という思いで、『YouTube』を続けているわけです。

もう1つ、平均賃金を見てみましょう。($ベースです)
【日本】
1992年、3万9,361ドル
2018年、4万573ドル
26年かけて、日本は、ほぼほぼ横ばいで、変わってないんです。
つまり、平成という時代、我々の賃金ってほとんど上がってないということなんです。

では、海外はどうでしょうか?
【アメリカ】
1992年、4万7,114ドル
   ↓ 1.34倍
2018年、6万3,093ドル

【フランス】
1992年、3万4,058ドル
   ↓ 1.31倍
2018年、4万4,510ドル

【韓国】
199年、2万3,981ドル
   ↓ 1.65倍
2018年、3万9,472ドル

アメリカやフランスの1.3倍ってすごいですよ。
30万円の給料を貰っていた人が、40万円貰えるようになるんですから!
韓国なんて1.6倍なんで、30万円の給料を貰っていた人が、50万円貰えるようになるんです!
確実に給料が上がってますよね。
そんな中、日本は横ばいで、平成という時代に日本という国はどんどん貧しくなっている、そして物価が安い国になっているんだよと、ということを是非知ってください。

その要因としては、『GDP(国民総生産)』、いわゆる国民の豊かさを示す指標を
見てもらうと分かります。


1年間で国民がどれだけ生産したのか、
そしてどれだけ消費したのか、
そしてどれだけ所得を手に入れたのかというような指標なんですが、
これを見たときに、
【日本】
1980年、250兆6,362億円
   ↓ 2倍
2019年、539兆2,282億円

【アメリカ】
1980年、2兆8,573憶ドル
   ↓ 10倍
2019年、21兆4,394憶ドル

日本は40年かけて、2倍に成長しました。
ただ、アメリカは同じ期間で10倍に成長しているんです。
これが、日本が今、どんどん弱くなっていっているという、数字的根拠
事実になります。



じゃあ、どういう風にしたらいいのか?という話ですが、
僕がずっと言い続けていること『長期分散積立投資』ということになります。

長期で投資しましょう。
積立投資しましょう。
分散投資しましょう。
そして、投機じゃなくて投資なんだよ
、ということです。

これを使って世界経済の成長に乗っかって、
我々一人ひとりが豊かになっていきましょう。
そして、我々一人ひとりが豊かになることで国を豊かにしていけます。
つまり、国を我々が支えていきましょう。
そして、そうやって作った日本
”より豊かな日本”を子供たちに残していってあげてほしいな、
そんな思いで活動しております。

これからもマイペースにどんどん情報提供をしていきたいと思いますので、
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様にとって2022年が健康で充実した一年になりますように。



Instagram
YouTube
子育て世代のお金の教室
森次美尊のYouTube「子育て世代のお金の教室」では、金融リテラシー向上のために少しでもお役に立てればと思い、実際に現場(個別相談やセミナー)でお客様に伝えている思いやトークを公開していきます。
 お金の話ですが、全く素人の方にでも気軽に聞いていただけるよう、簡単な言葉を使い、エンタメ感のある内容にしております(細かな数字等はなるべく省いてます)
 プロの方にもこの動画のトークや伝え方を参考に目の前のお客様を守っていくことに役立てていただけたら幸いです。 僕自身まだまだ発展途上中の未熟者ですので、沢山インプットしながら成長していきたいと思いますのでその過程も含めて楽しんで頂けたら嬉しいです。



関連記事はこちら