ファイナンシャルプランナー林 智慮

2019年 12月 21日

【制度改正】私立高校授業料が実質無償化へ

FP相談ねっと林です。

子育て世帯に嬉しい改正が二つ。

 

未婚の1人親でも寡婦・寡婦控除

 

令和2年税制改正大綱で、未婚の1人親への支援が実現されます。

改正前の「寡婦(夫)控除」は、配偶者と離婚や死別した1人親に限られていました。

同じ1人で頑張って子育てしていても、未婚のままで子育てしている場合は寡婦(夫)控除の対象になりませんでしたが、同額の控除が受けられます。

また、寡夫控除は所得税27万円、住民税26万円の控除でしたが、男女関係なく、所得税35万円・住民税30万円の控除が受けられます。

年間所得が500万円超の場合は対象外です。

 

私立高校授業料、実質無償化(高等学校就学支援金引き上げ)

 

そして、もう一つは制度改正です。

文部科学省HPによれば、2020年4月より、高等学校就学支援制度が変わり、私立高校に通う生徒の支援金が引き上げられます。

対象となる生徒も拡大され、課税所得により制限がありますが、より多くの生徒が対象になります。

年収の目安として、例えば、高校性・中学生・妻が専業主婦の4人家族の場合、590万円未満の生徒が対象になります。

 

進学を決める時に、「学費」は避けられない要件です。

私立は創立者の思いによる、その学校独自の教育方針がありますが、公立に比べ学費のハードルが高くなります。

「公立で確実に合格できるところを受験する」という選択を子どもにさせてしまうことが多いでしょう。

学費により志望校を左右されることが少なくなりそうです。

 

家庭環境は子どもの教育に大きく影響します。

学びたい気持ちを後押ししてくれる改正です。

 

(引用 参照)

自民党HP 令和2年度税制改正大綱

文部科学省HP 私立高等学校授業料 実質無償化について


関連記事はこちら