ファイナンシャルプランナー林 智慮

2020年 04月 23日

【新型コロナウイルス感染症対策】小学校休業等対応助成金・支援金 申請方法を動画で解説

FP相談ねっと林です。

 

新型コロナウイルスの影響による小学校の臨時休業で、お子さんのお世話のために会社を休まなければならなくなった会社員、自営業者の為の支援があります。

小学校休業等対応助成金は、小学校等に通う子の保護者が、子どもをの世話をするために休職することによる収入減少に対応するため、正規雇用・非正規雇用を問わず、有給の有る無しにかかわらず、有給の休暇を取得させた企業に対する助成金です。

学校休業等対応支援金は、小学校等に通う子の保護者が個人事業主であって、子どもの世話をするために仕事が出来ずに収入が得られない場合に支援を受けることが出来ます。

 

ところで、助成金や支援金を受けることが出来ることは分かっても、手続きはどうやったらいいのでしょう。

厚生労働省は、動画で申請書の書き方をわかりやすく説明しています。

・新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金 紹介ビデオ

・新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金 紹介ビデオ

 

 

申請書類や記入例は、厚生労働省HP

小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援のための新たな助成金を創設します

新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け)

に詳細があります。

 

提出先は「学校等休業助成金・支援金受付センター」 ですが、お住まいの地域により提出先が違います。
厚生労働省HPで確認して下さい。

 

また、お問い合わせは、
<学校等休業助成金・支援金等相談コールセンター>
0120-60-3999
受付時間:9:00~21:00(土日・祝日含む)

です。

「申請や申請の相談を受けます」という業者が、しつこく勧誘するといった情報が厚生労働省に寄せられています。

相談は<学校等休業助成金・支援金等相談コールセンター>にしましょう。

「100%助成金を受けられる」という業者もありますが、それぞれに支給要件があり、要件を満たさなければ支給されません。
(例えば、助成金の場合、時間単位の休暇は対象になりますが、時間短縮は対象になりならないなど)

中には、あたかも厚生労働省や労働局が関係しているように思わせる業者もあるそうですが、厚生労働省は一切関与していないとのことです。

また、厚生労働省や労働局、コールセンター等が、口座番号や個人情報を聞くことはありません。

ご注意下さい。

 

 

参照

厚生労働省HP

小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援のための新たな助成金を創設します

新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け)

 


関連記事はこちら