竹内 美土璃

【夫婦×お金 研究会No:25】夫婦で投資するメリットは?

名古屋のファイナンシャルプランナー竹内美土璃(みどり)です。

私は、ファイナンシャルプランナー×相続アドバイザー×夫婦再生カウンセラーをしています。

前回に続きまして、スパークス・アセット・マネジメント株式会社が「夫婦のマネー事情と夫婦円満投資に関する調査2018」をされましたので、第3弾として、「夫婦で投資するメリットは?」をテーマに、実際のカウンセリングなどを元に考えていきます。

夫婦で一緒に考えて投資をしている人は?

スパークス・アセット・マネジメント株式会社の調べによると、夫婦で一緒に考えて投資をしている人は、4人に1人でした。正直なところ、「もう少しあってもいいのかな」と思いました。

(出典:スパークス・アセット・マネジメント株式会社

夫婦再生カウンセラーの立場からすると、夫婦で同じ目的を持っていることは、夫婦の会話が増え、夫婦が仲良く生活するためには最高の条件と言えます。
一緒に勉強をして、どの投資の仕方にするのか、どの株式に投資をするのか、ずっと細かく話し合えるのはとてもいいでしょう。
しかし、必ずしもそうでなくてもいいと筆者は考えます。

例えば、筆者の場合で考えてみましょう。
筆者夫婦の現在のお金を貯める目的は、「老後のお金をメインに貯めていくこと」です。それはお互いの認識です。
ただ、主人は私に任せっきりなので、「どの個別銘柄がいい?」「どこに投資する?」などというお話はほとんどしません。それでは一緒に考えて投資をしていないのでは?とお思いですよね。

違うんです。

毎朝、先に新聞を読む主人は、私が関心を持ちそうな社会保険や確定拠出年金、NISAの新聞記事を見つけると、その記事が書かれている新聞をびりっと破り、先日も「厚生年金、70歳以上も払うんだって。生涯現役でいないとな。」と感想付きで、うれしそうに事前に私に渡してくれます。現在は個人事業主である主人は、今年法人成りすることにより、第2号被保険者となります。これは主人にとっても、我が家にとっても必要な情報だから、私に伝えてくれました。よく、ドラマで先に結末を言われると「楽しみがなくなる」という人もいるかもしれませんが、ニュースになる情報のセンテンスを伝えてくれるのは、今度実際に読む時に、別の情報も入ってきやすいので、いいですよね。

それは最初は「きゃー、新聞は破らないで!」と思っていましたよ。綺麗な新聞で読みたいですもの(笑)。
でも、今では「主人の愛情」と受け取り、私はとってもうれしく思っています。主人はそうすることで、私と一緒に投資をしていると思えるのですから。

これも、「老後のお金を貯める」という目的が一緒であるからこそ、主人との会話ができるわけです。

夫婦仲が良くなる!

主人だって私に興味を持ってくれて、私の望むであろうと思っていることを、主人のフィルターを通してやってくれているんですよね。
そう思えることで、夫婦の会話も増えるし、投資成績が良い時など、喜びを共有でき、夫婦仲が良くなることにつながります。

(出典:スパークス・アセット・マネジメント株式会社

だから、同じ目的を持つことで、夫婦の仲は良くなります。
まずは、夫婦が、「将来どうなりたいのか?」相手に相談してみる。
そのためには、何をしたらいいのか?それにはきっとお金がないと実現できない事の方が多いでしょう。
そのために投資をして、遊ぶお金を殖やすのもいいですね。
その会話こそが夫婦円満の秘訣だと筆者は考えます。

 

関連記事

【メディア実績】マネーフォワード、くらしの経済メディア『MONEY PLUS』掲載・35歳主婦「義両親と同居、金銭的な援助はいくら必要?」が掲載されました!
お金と夫婦再生のコンサルタント、ファイナンシャルプランナーの竹内美土璃です。 ご義父さんとご義母さんとの同居、なかなか悩ましいことですよね。 しかもお金が絡んでくると本当に嫌になります。 今回は、嫌だなと思っていたことが、「見方を変える」ことによって、「むしろ幸せになれる」考え方をお伝えさせていただきました。 ご一読いただけたら嬉しいです。 記事……
【相談事例】えっ?会社員なら全員厚生年金加入ですよね?私は違うんですか?
会社員=厚生年金加入だと思っていませんか? 実は、そうではないのです! かつて私が法律事務所のパラリーガルとして働いていたとき、国民年金加入の時代がありました。 それでも、職業欄には、「会社員」と書いたものです。 「会社員ですが、厚生年金加入ではない方、結構いますよ。」 厚生年金加入の方と国民年金加入の方とでは、 どう違うのか? 何が違……
新型コロナウイルス感染症と従業員に対する安全配慮義務  
さくら総合法律事務所の代表弁護士竹内裕詞が、数回にわたり新型コロナウイルス感染症に関するコラムを掲載しております。事業者・経営者の方の、新型コロナウイルスに関するお悩みのご相談に対応させていただくとともに、認定経営革新等支援機関を務めておりますので、経営改善等に関するご相談もうけたまわります。              ご相談内容 工場設備整備……
【夫婦×お金 研究会No:7】豊かな人生を送るためにはいくらお金が必要なの?
  すっかり秋めいてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 鈴虫の声が聞こえて(都会の皆様には聞こえないですか?)、なんだか少し寂しい気がします。 人生100年と言われる昨今。65歳でリタイアをしたと仮定すれば、残りは35年あります。 長い長~いシニアライフ。 こんな秋の夜長に、ご夫婦で、しっぽりと、「将来の夫婦のあるべき姿」……