ファイナンシャルプランナー寺門 美和子

2022年 07月 17日

【メディア実績】マネー現代「コロナ渦で離婚が減った」は間違えだった?その裏に隠された「日本のヤバイ現実」

夫婦問題相談の現場の声をリアルにコラムにしました!

『離婚してもしなくても幸せになる♡』

お金と相続と夫婦問題の専門家

夫婦問題診断士協会代表理事で、

ファイナンシャルプランナーと

夫婦問題コンサルタントの二刀流 

で活動する 寺門美和子です🌺

離婚の原因トップ10

   平成30年度司法統計データー

上記が男女別の離婚原因順位です。「〇」の所は、お金絡みの問題。「△」の中にも、お金にまつわる問題は多いと思います。例えば、妻は「子どもには最高の教育を受けさせたい」と願えば、夫は「教育費の構成が高すぎる」というところから夫婦問題に発展もします。

さらに別の夫婦は、「夫の方が給与が高いのに、出かける時もいつも割勘」と妻が言えば夫は、「少しでも将来の為に預貯金をしたいから、遊びのお金は折半」と言います。結婚時に、子どもの教育資金の話しや、余暇のお金の配分迄も話し合わない人が多いでしょう。だから、離婚原因にまでお金の問題が発展してしまうのです。

出会った時の”印象”が離婚原因になる!?

日々の相談業務の中で、とても不思議なことがあります。それは多くの夫婦問題相談者の方に、出会った時の印象を伺うと「周りにいないタイプだった」というのです。新鮮さで、キラキラ輝てみえたのでしょう。しかし、それは最初だけ。価値観の違う二人ですから、生活の中で様々なひずみが生まれるのです。そしてお互いに「夫はおかしい」「妻はヘン」「普通〇〇ですよね」という一方的な価値観の押し付け合いが始まります。

30歳で結婚したら、50年~70年連れ添うかもしれない相手ですから、よ~く吟味して「この人との暮らしはどうなるのか?」を確認して欲しいと思います。もし「?」マークが浮かんだら、質問してみましょう。そこで合わない・話し合いが成立しないのであれば、結婚しない方がよほど幸せです。

コロナ渦離婚が減った・・は間違いなのか?

たかが一人の、夫婦問題コンサルタントが「減った」「増えた」というのは信憑性がないと思います。ただ、確実に言えるのは、2020年春のコロナ騒動第一弾より、確実に裁判所の進展は遅れています。また、私のご相談者さまのように「協議離婚」をする方々も、コロナ事情で話し合いがなかなか進まないケースも多々あります。

上記は2019年から2021年までの『離婚率』を見える化したものです。確かに、離婚件数は減っていますが、同時に婚姻件数もダウンしているので、結果的に「離婚率」はあがっているのがわかります。もう3人に1人が離婚する時代から、2.5人に1人が離婚する時代に突入しているのです。

マネー現代でコラム掲載

マネー現代様にコラムを寄稿させて頂きました。

マネー現代WEB

離婚原因、女性第2位の『生活費を渡さない夫』についてです。分析+対応法も書いております。こんなにも、多くの方が困っているなんて、驚きました。一人でも多くの方に渡りますように!!

★最後までお読みくださいましてありがとうございました!

老後のお金~終活・相続・夫婦問題のご相談は下記よりお問い合わせ下さいませ!多くの優秀な専門家と繋がり、全力でご対応させて頂くのが強みです。離婚時の不動産売買のご相談も可能です。

<相談会開催>

8月21日(日)@千葉・八柱

個別相談会(資産形成・終活・相続)×55分

詳細はこちらをご覧ください⇒『八柱カルチャーHP』

<オンラインセミナー開催>

オンラインサロン『美和塾』FPゼロイチ塾

→毎月1回開催:第2火曜日 20:30~22:30

夫婦問題診断士養成講座

→第3期生 2023年1月開講予定

*ご希望者は「お問い合わせ」よりご連絡下さいませ!

<寺門美和子レギュラー執筆>

●東洋経済オンライン

●ファイナンシャルフィールド

●幻冬舎オンライン

<YouTube「離婚道場」

☆彡寺門美和子の『離婚道場』総合ページ


関連記事はこちら