ファイナンシャルプランナー林 智慮

2019年 05月 11日

ペットの治療費って、医療費控除出来るの?

確定拠出年金相談ねっと認定FP林です。

2ヶ月程前から、我が家の老齢ハムスター(ジャンガリアン)が体調を崩しまして、医者に診て貰っています。

 

お腹の中の疾患なので、超音波検査をします。

この小さいのをどうやって?と思いますが、そこは流石の獣医さん、ハムスターが暴れる中でも必要な画像を残します。

初診時に、

「犬や猫なら、すぐに開腹手術をします。しかし、ジャンガリアンハムスターの場合は小さいので手術に耐えられるだけの体力があるかどうかが問題です。年齢も年齢ですので、薬で様子を見るしかありません。」

と言われましたが、おかげさまで、投薬のみでも奇跡的に回復しました。

 

超音波検査とお薬で3,000円ほどですが、手術となれば桁違いに高額になります。

ペットには公的保険もないので医療費は実費です。そして、医療費控除の対象にもなりません。

医療費控除の対象となるのは『生計を一にする親族』の医療費です。

国税庁HP:https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/kurashi/html/04_1.htm

しかし、ペットが『生計を一にする親族』にならなくても、大切な「家族」であり掛け替えのない大切な命。

様子が変だなと思ったら早めに診て貰いましょう。

 

 


関連記事はこちら