ファイナンシャルプランナー青山 創星

2019年 05月 10日

四季報、日経新聞不要のサラリーマンや初心者向け投資法

こんにちは、青山創星です。

サラリーマンやOLをされている方で、お金を増やしたいという方にピッタリの投資法があります。

投資の手法は大きく2種類に分類できます。

一つが、インデックス投資。

もう一つが、アクティブ投資です。

 

インデックス投資は、例えばTopixなどのインデックスに連動した投資成果を目指す投資の仕方です。
Topixというのは、東京証券取引所に上場されている株式の全銘柄の平均値のようなものです。
これに連動して動くインデックス型の投資信託を買えばよいということになります。

もう一つのアクティブ投資は、インデックスの投資成果よりプラスアルファの投資成果を狙う投資法です。
自分で株式を選んで投資するという方法もあります。
しかし、投資初心者で株の選び方もわからないという人は、アクティブ型の投資信託を買うことによってアクティブ投資をすることもできます。
投資のプロに運用を任せるということになります。

インデックスファンドよりプラスアルファの投資成果を狙うアクティブファンドはとても魅力的に見えます。
しかし、残念なお知らせがあります。

図表2をご覧ください。
投資対象商品のカテゴリー別に見たインデックス投信よりトータルリターンが上回ったアクティブ投信の本数の割合です。
狙いはプラスアルファなのですが、実際にそのような成果を上げることの出来ているアクティブ型の投資信託は2、3割しかないことがわかります。

出所:モーニングスター社 アナリストの視点(ファンド)
www.morningstar.co.jp/fund/analyst/2019/1q/MFA120190314.html

2、3割しかないインデックス投信を上回るパフォーマンスのアクティブ投信を、投資初心者が見分けるのは至難の業でしょう。

では、サラリーマンや投資初心者に適した投資とはどのようなものなのでしょうか?

会社四季報や日経新聞を読まなくてもできる投資とはどのようなものなのでしょうか?

 

それは、インデックス投資の方なのです。

Topixなどに連動した投資成果を目指す投資なんて面白くも何ともない。
あなたはそんな風に考えてませんか?

そんなあなたも、インデックス投資の本質を知ればきっと認識が変わるのではないかと思います。

その本質に迫るために、次回は投資と投機の違いについて学んでいきましょう。

 

 

 

 

 

役に立つメルマガも定期配信中!

▼▼メールマガジン「青山創星のiDeCo(イデコ)入門講座」のご登録はこちらから▼▼



関連記事はこちら