ファイナンシャルプランナー青山 創星

2019年 08月 15日

IB証券での口座開設に必要な投資経験などについて

こんにちは、青山創星です❣❣❣

IB証券で米国個別株オプション取引をしたいのですが、口座開設のときに投資経験や知識についていろいろ聞かれます。
どの程度の知識や経験が必要なのでしょうか、という質問をよくいただきます。

IB証券のページに必要な経験や知識などについて書かれています。

しかし、わかりにくいようです。
そこで、簡単にまとめてみました。

IB証券で現物株だけではなく米国個別株オプション取引もする場合には、ある程度の知識経験が必要となります。
IB証券のページに以下のように書かれています。

➀どの商品をお取引いただく場合でも、知識レベルが「中」、または「高 」である必要があります。
②オプションまたはCash Forexのお取引には、各商品の取引経験が最低2年以上必要となります。

 

また、「注意点」として以下のように書かれています。

③オプション取引には取引年数および年間取引に加え、オプション取引経験数 が100回以上必要となります。オプション取引には、株式取引数+オプション取引数+先物取引数=取引として計算し、取引経験数100以上が求められます。
④別途、試験を完了された申請者の方は、通常オプションおよび為替取引の取引に必要とされる2年以上の取引経験年数が免除されます。

 

なお、④の試験は以前は英語でしか受けられませんでしたが現在は日本語でも受けることが出来ます。

レベルはオプションの基礎的な知識で十分です。
必要とされる基礎知識は、証券外務員1種試験に出てくるオプションに関する知識程度の知識があれば対応できると思います。
しかし、それだけでは合格はできません。

米国個別株オプションについての知識が必要とされます。

例えば、
・オプション1単位は100株相当の取引である。
・指数オプションの権利行使の場合の現金決済期日。
・アメリカンタイプオプションの意味。
等々。

また、日本語訳がこなれていないので、問題文で何を問いたいのか、選択肢の意図しているのは何かを的確に推測できる力が必要となります。

ただし、間違えても同じ問題に何度も挑戦できるようです。
問題を解きながら勉強していけば、情熱と忍耐力のある人ならクリアーできるのではないかと思います。

オプション取引は、中途半端な知識で行うと大きなリスクを背負ってしまいかねません。
きちんと勉強して、シミュレーション等で十分な経験を積んでから始めることが重要です。

しかし、基礎をしっかり身につけて使えばオプションは投資の成果にプラスの成果をもたらしてくれるでしょう。

 

ところで、

「プロの投資手法で初心者が安全・簡単に資産を増やす方法講座(改訂新版)」という無料のラジオメルマガの配信がもうすぐスタートします。
この無料ラジオメルマガにご登録いただきますと、直後に配信される初回メルマガで、

小冊子「改訂新版『超』初心者でも今すぐ始められるイデコ(iDeCo)入門」(55ページ、PDF版)

を無料でプレゼントさせていただきます。

貯蓄・投資するだけで国から補助金がもらえると、今人気沸騰中のイデコをすぐに始めることの出来る小冊子です。
ひと月早く始めればひと月分多く国から補助金がもらえることになります。
早く始めないとその権利はどんどん消えていきます。
今すぐ、無料メルマガにご登録ください。
ラッキーネコちゃんをクリックしてね ❣❣❣
⇓⇓⇓

 

<IB証券関連リンク>
www.interactivebrokers.co.jp/jp/index.php?f=11630&p=tradingrequirements

役に立つメルマガも定期配信中!

▼▼メールマガジン「青山創星のiDeCo(イデコ)入門講座」のご登録はこちらから▼▼



関連記事はこちら