確定拠出年金相談ねっと認定FP 末次 祐治

2016年 09月 06日

確定拠出年金(DC)はライフプランの一部にすぎない!?

「確定拠出年金と夢プラン設計士」の専門家 

ファイナンシャルプランナーの末次祐治です。

 

確定拠出年金(DC)は老後資金対策の手段としては、

    「最強の金融商品」であって国の制度です。

 

 

 

今年5月に公的年金を補完するものとして企業年金の

重要性が増している中で、確定拠出年金(DC)制度の

普及・拡大と運用の改善を図ることを目的として、 

2017年1月から今まで加入できなかった

公務員や専業主婦(主夫)の方も

加入できるようになりました。                               

 

 

 

日本の国から将来支給される公的年金が少なくなるので                                                              

 「自助努力で、自分の年金を作ってくださいね。」

 という国からのメッセ ージです。

 

 「えっ 自分で年金を作る??」

 「はぁっ~~~」・・・

 

その代わり                                                                                                              

・所得税・住民税が安くなる                                                                  

・運用で増えた儲け(収益)には税金がかかららない

・60歳以降の受け取り時も税金が優遇される

などのメリットが受けられますよ。

 

 

 

がんばって、生きていくための老後の資金を

貯めていきましょう!!

 

 

 

という流れです。

 

これから確定拠出年金(DC)を検討中の方

また、今すでに会社や個人で掛けている方に意識して

ほしいことは、

 

この確定拠出年金(DC)という一つの商品だけの枠で考えない

 

あくまでも、生きていくうえでの

「老後資金対策の1つにすぎない」

ということです。

 

ライフプランの全体で考えるべき

もので、商品である手段はすべてリンクしていなければ

この確定拠出年金(DC)という老後資金対策上最強の手段

を最大限に活用できていないことになります。                                                                                                 

よく聞くかとは思いますが

 

 

注意が必要なことは、「木を見て森を見ず」にならないように        

 

      

                       

確定拠出年金(DC)を考える場合、一度全体のライフプランを

確認されることをおすすめします。

 

 

開催中のセミナーの案内はこちら           

【福岡・博多】9月開催! 第26回 40代から始める! 『iDeCo、マッチング、NISA』 貯金力アップ術セミナー

 

セミナー参加者の声

 

 

役に立つメルマガも定期配信中!

▼▼メールマガジン「末次ゆうじの「iDeCo」の始め方入門」のご登録はこちらから▼▼


Tags:

コメントは受け付けていません。