確定拠出年金相談ねっと認定FP 林 智慮

2018年 10月 01日

松井証券も10月下旬よりポイントサービスを導入

四角い話を分かり易く!
4人の子持ちのリケジョかーちゃん、確定拠出年金相談ねっと認定FPです。



ドコモのdポイント投資、面倒が無くて良いですね。

通常のポイントは貯めることは出来ても殖やすことはできません。でも、dポイント投資獲得ポイントをTHEOが勝手に運用してくれるのは嬉しいですね。

そんなに大きな金額ではなくても、殖える楽しさを味わうことが出来ますね。

他に、楽天ポイントもポイントで投資が出来ます。

楽天グループで買い物をして得た楽天スーパーポイントを、自動的に楽天証券で投信積立をする。

お金を出さずに投資が出来るって、とても魅力的ですね。

もっとも、次回のお買い物時に実質値引きされるのですから、通算すれば自分のお金を出しているのと同じ事になりますね。

反対に、SBI、マネックス、カブドットコム、の各証券は、投資信託を保有する、株の売買の手数料を払った等、投資をすることでポイントを貯められます。

貯まったポイントは、現金に換えたり、他のポイントに移行したり、いろいろ使うことが出来ます。





さて、今まで名前が挙がってこなかったネット証券の走りと言えば・・・

松井証券です。

松井証券は、今までポイント制を導入していませんでしたが、10月下旬より、ポイントサービスの導入とクレジットカードの発行を開始します。



松井証券は手数料にこだわり、ほぼノーロード(購入手数料無料)の投資信託を扱ってきましたが、今後、購入時に手数料が掛かる商品も取り扱うそうです。

しかし、

その手数料分を、ポイントで還元します。

毎月の平均保有残高に応じて、年率0.1%のポイントが貯まります。

松井証券のクレジットカードの利用で100円ごとの利用で1ポイントが貯まります。


そして、


貯まったポイントは、Amazonギフト券などの商品と交換ができるたけでなく、


松井証券で投資信託の積み立て投資が出来ます。


一度設定してしまえば、自動的に毎月ポイントつみたてが出来るのです。


ポイントで購入した投資信託にポイントは??? ポイント導入の詳細については、後日に発表があるそうです。



手数料にこだわる松井証券ですが、それでも購入手数料が必要な投資信託を取り扱うのは、運用パフォーマンスが素晴らしい商品かもしれませんね。

これから取り扱う投資信託、そしてポイント制度の詳細、発表が楽しみです。







Tags:

コメントは受け付けていません。