ファイナンシャルプランナー林 智慮

2019年 01月 05日

NISA口座をロールオーバーした結果

新しい年を迎え、世のため人のために猪突猛進、確定拠出年金相談ねっと認定FP林です。

今年もよろしくお願い申し上げます。

 

1月4日は大発会でした。

日経平均終値が452円安、一時700円も安いという初日でした。

下げで始まったのは、3年ぶりだそうです。

でも、全ての株価が下がったわけではなく、マザーズではストップ高になった銘柄もあります。

 

ところで、ロールオーバーされた皆様、取得価格でぎょぎょっとされたのではありませんか?

取得価格が高くなっている・・。

取得価格が低くなっている・・。

ロールオーバーの価格は、『非課税期間が終了する年の、最終営業日の時価』になります。

昨日、取得平均価格が、最初の取得価格と最終営業日の時価との平均になっていました。

ロールオーバーの時の平均取得価格はこう計算するのかと思っていたのですが、本日は最終営業日の取得価格になっていました。

現場も混乱しているのでしょうか。

 

どちらにせよ、NISA口座での利益や損失はなかったものとされるので、

最終的に、最初に取得した価格と売却時の価格の差で見れば良いのです。

証券会社の口座は、ロールオーバーの時点で新たに取得されたとみなされるため、5年間の含み益、含み損は消え、その価格からのスタートになります。

理屈は分かっているつもりでも、実際に目にすると、「あの含み益は何処へ」「あの含み損は何処へ」という心境に、一瞬でもなられたのではありませんか。

 

 

昨年は「犬笑う」、今年は「亥固まる」、来年(鬼が笑う?)は「子繁栄」

今年は来年に向けての準備期間かもしれません。

投資信託のポートフォリオのメンテナンスを忘れずに。

 


関連記事はこちら