FP相談ねっと認定FP 林 智慮

2019年 05月 01日

来年に向けて①【メディア実績】ファイナンシャルフィールド『来年に向けておさらい。400万円以下の年金受給者は所得税の確定申告をしなくて良い?』

確定拠出年金相談ねっと認定FP林です。

来年の話をすると鬼が笑うと申しますが、来年の話をします。

鬼には勝手に笑って貰いましょう。

来年に向けて鬼が笑うシリーズ①

 

2月~3月に向けての所得税の確定申告、大変混雑しますね。

年金のみの生活者の場合、所得税の確定申告が必要ない場合があります。

年金400万円以下の場合でその他の所得が20万円の場合、所得税の申告は原則不要です。

扶養控除等等申告書を提出していて、変更が無く、社会保険も控除されている場合に、他になにも控除するものや所得が無ければ申告の必要はありません。

 

 

 

 

所得税の確定申告をする場合、その人の情報がそのまま住民税の計算に使われるので、住民税の申告は必要がありません。

 

   ファイナンシャルフィールド『来年に向けておさらい。400万円以下の年金受給者は所得税の確定申告をしなくて良い?』

Tags:

コメントは受け付けていません。