ファイナンシャルプランナー林 智慮

2020年 12月 11日

【メディア実績】公的保険アドバイザー協会「よくわかる!公的保険の教科書」(記事寄稿)


制度や仕組みを、

知っていれば【貯められる】、知っていれば【殖やせる】、知っていれば【騙されない】

FP相談ねっと林です。

公的保険アドバイザー協会「よくわかる!公的保険の教科書」のうち、

障害年金の概要と計算の仕方

20歳前障害の国民年金保険料の納付と年金給付

を書かせていただきました。

公的保険とは、年金保険・健康保険、介護保険、雇用保険、労災保険を言います。

高齢になって働けなくなる、ケガや病気で働けなくなる、失業して働けなくなる、「万が一」に生活を支えます。

しかも年金保険は老齢年金だけで無く、亡くなった場合に遺族の生活を支える遺族年金、障害を負って働けなくなった時に障害等級に該当すれば、障害年金を受け取る事が出来ます。

「公的保険の教科書」

障害年金の概要と計算の仕方

20歳前障害の国民年金保険料の納付と年金給付


関連記事はこちら