ファイナンシャルプランナー林 智慮

2020年 12月 12日

【メディア実績】ファイナンシャルフィールド『友人から突然紹介された「雨漏り調査と保険金請求代行の業者」これって本当に大丈夫?』

制度や仕組みを、

知っていれば【貯められる】、知っていれば【殖やせる】、知っていれば【騙されない】

FP相談ねっと林です。

火災保険は、火事の時だけで無く、風害雪害により災害を被った場合も適用されます。

それにより、建物が壊れた所の回復するよう、保険金が出ます。

そう、「災害を被った」場合です。

当然、老朽化により破損したところに保険は適用されません。

それを、まるで被災したように申請するのは犯罪です。

申請のみを行う業者がありますが、手数料が高く、受け取った保険金の半額を取るところもあります。

保険は、万が一の時に手持ちのお金では何ともならないものを補填するものです。

保険屋さんに被災したことを言えば対応してくれます。

申請に代行業者を挟む必要はありません。本来であれば。

「雨漏りの調査をすればお金が貰える」とか、「無料で屋根の修理が出来る」などの勧誘に注意しましょう。本当に必要な時に、保険で修理が出来なくなります。

ファイナンシャルフィールドに掲載されました。

ファイナンシャルフィールド『友人から突然紹介された「雨漏り調査と保険金請求代行の業者」これって本当に大丈夫?』


関連記事はこちら