ファイナンシャルプランナー林 智慮

2021年 01月 29日

【メディア実績】ファイナンシャルフィールド『ワンクリック詐欺に引っかかってしまった! そんな場合の対処法とは?』

制度や仕組みを、

知っていれば【貯められる】、知っていれば【殖やせる】、知っていれば【騙されない】

FP相談ねっと林です。

urlをクリック下だけで、一方的にサービスの入会などの契約が成立したと宣言され、多額の料金の支払いを求められる、これは「ワンクリック詐欺」です。

ファイナンシャルフィールドで、ワンクリック詐欺に引っ掛かった場合、どうしたら良いのかを解説しています。

ファイナンシャルフィールド『ワンクリック詐欺に引っかかってしまった! そんな場合の対処法とは?

過去記事、


【たった5分お金の学校】「登録完了 」にだまされないで!ワンクリック詐欺に注意  動画を公開!

でも書きましたが、ここをクリックすると申込になることを「明示」されてない状態での契約は、無効なのです。

通信販売にはクーリングオフがありません。予め表示された広告で、じっくり考えて申し込むからです。
その為、誤認されないよう事業者が広告を「明示」しなければなりませんし、顧客の意に反して申込みさせようとする行為は禁止されています。

よって、ワンクリック詐欺は無視して削除します。
絶対に業者に電話をしてはいけません。
電話をかけると、こちらの電話番号を知られてしまいます。
心配な場合は、局番無しの188(消費者ホットライン)へ。

また、うっかり電話をしてしまっても、それ以上個人情報を教えない。身分証明書を写真に撮って送るのはもってのほかです。悪用されてしまいます。

そして、プリペイドカードを買わない、買っても番号を教えない。
オンラインの決済で利用出来るサーバー型プリペイドカードは、カードの代金を支払いますが、使うときは番号を入力するだけです。そのため、カードを渡さなくても、番号を知られると使われてしまいます。
足が付きにくいため犯罪に使われることが多く、ワンクリック詐欺以外でも、「プリペイドカードを買って、番号を教えて」は詐欺だと疑いましょう。

ワンクリック詐欺は慌てず、無視して、

・絶対にこちらから連絡はしない

・顔写真付きの身分証明書の写真は送らない

・電子プリペイドカードの番号は教えない

もし、登録完了画面が消えない場合、次の情報処理推進機構HPを参考にして下さい。

「 スマートフォンでのワンクリック請求の新しい手口にご用心 」~業者への電話、メールは絶対NG~

【注意喚起】ワンクリック請求に関する相談急増!パソコン利用者にとっての対策は、まずは手口を知ることから!・

そして、しつこく請求される、脅される、心配な場合、
局番無しの188(消費者ホットライン)、
#9110(警察相談専用電話)
都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口一覧 へ相談しましょう。





関連記事はこちら