林 智慮

【メディア実績】finasee 老後資産 「分配金をもらえるのは良い話だと思った…」毎月分配型ファンドに潜む盲点

制度や仕組みを、

知っていれば【貯められる】、知っていれば【殖やせる】、知っていれば【騙されない】

FP相談ねっと林です。


フィナシーさんに記事を書かせていただきました。

media.finasee.jp/articles/-/10043

media.finasee.jp/articles/-/10043

現在、一人社長として会社を経営されている相談者様。

個人事業主である期間が長かった為、老齢年金が少ないことが気がかりです。

投資信託での運用をしていますが、他になにか良い方法は?というご相談でしたが、

な、なんと! その前に重大な問題が!

実は、この「投資信託の運用」で、資産が殖えるどころか減っていたのです。

投資信託の運用で「儲かった分」を定期預金にして積み立てていたつもりが、実態は元本を削って定期預金を作っていたという結果に。


そして、将来に向けて増やすつもりなら、分配金を受け取ってしまわず再投資して、複利の力を借りて資産を膨らませることを考えましょう。




そして、本題に移ります。

国民年金の基礎年金は、40年間しっかり保険料を支払っても月65,075円。

その為、国民年金基金や小規模企業共済に加入すると言う方法がありますが、お子様を育てることで精一杯だった相談者様はそんなことも考える余裕がありませんでした。

これからどうやって老後資金を殖やしていくか。

出来る事をしましょう。

出来るだけ長く働きましょう。

心身共に健康でいられますし、働いた分のその分の厚生年金も増えます。




また、現在60歳未満であるiDeCoの加入資格は、令和4年5月~国民年金被保険者であれば加入可能になります。国民年金第2号被保険者であるので、加入可能になります。

また、一人社長として会社を経営されている今、企業型DCで、またはiDeCo加入出来たらiDeCo+で、会社から事業主掛金を拠出することも出来ます。事業主掛金は、社会保険料や税金の対象にはなりません。

拠出期間は短いですが、令和4年4月より、DCは最長75歳まで非課税で運用出来るようになります。その他の資産の状態、運用の状態によって、引き出す時期を計りましょう。

関連記事

【メディア実績】ファイナンシャルフィールド『35歳会社員です。将来の年金っていくらもらえますか?』
制度や仕組みを、 知っていれば【貯められる】、知っていれば【殖やせる】、知っていれば【騙されない】 FP相談ねっと林です。 将来、自分が貰える年金額はいくらかご存じですか? 年に一度、お誕生月に「ねんきん定期便」が届きます。 加入年数、支払った保険料等の記録とともに、 ・50歳未満の方は、これまで支払った保険料から計算さ……
【メディア実績】ファイナンシャルフィールド『医療費控除したいけど、医療費のお知らせに転職前の記述がない! そんなときの3つの対処法』
制度や仕組みを、 知っていれば【貯められる】、知っていれば【殖やせる】、知っていれば【騙されない】 FP相談ねっと林です。 今回は、今さら感満載の記事ですが、「医療費控除の還付申告、忘れていた・・」という方、「忙しくて諦めた」という方、還付申告は5年間遡れます。令和4年分は、令和5年1月1日から5年の間に還付申告ができます。確定申……
【メディア実績】ファイナンシャルフィールド 貸与型奨学金だけじゃない!意外と知らない学費の準備あれこれ
確定拠出年金相談ねっと認定FP林です。   ファイナンシャルフィールドに【貸与型奨学金だけじゃない!意外と知らない学費の準備あれこれ】が掲載されました。 「進学」と言えば、不足している分を補う制度として奨学金が知られていますが、通常使えるのは貸与型です。 給付型は「住民税非課税世帯」または「社会的養護を必要とする人」が対象です。 が、 ……
【メディア実績】ファイナンシャルフィールド『55歳専業主婦。今さら、厚生年金に入ってもムダですか?』
FP相談ねっと林です。   兼業であろうと専業であろうと、主婦が自分の資産を持つことはとても大切なことです。 自分の資産作りの一つとしてiDeCoの話をするのですが、「夫が企業型確定拠出年金をやっているから、家には必要が無い。」という返事。 ご主人が万が一の時、何も受取人を指定していなければ配偶者が第1順位で受け取ります。 離婚時、年金分……