林 智慮

【メディア実績】ファイナンシャルフィールド『奨学金の返済と家計管理……年収200万円・社会人3年目Aさんのケース』

制度や仕組みを、

知っていれば【貯められる】、知っていれば【殖やせる】、知っていれば【騙されない】

FP相談ねっと林です。


自分に投資する、『自己投資』という言葉、良く耳にします。


『投資』と言う言葉を聞くと、株などの金融商品や土地、貴金属等の『物』を思い浮かべる方が多いでしょう。

企業が資金調達の為に株を発行します。企業の成長と共にリターンを得られます。配当金を得られる他、株を売却すれば換金できますし、企業の価値が上がっていれば出したお金以上の金額が返ってきます。

企業は、その資金を使って『設備投資』等で事業を拡大します。

同じように、投資対象が自分で、自分の将来の為に、今の自分にお金を使うことが自己投資です。

でも、今使えるお金が無い場合は、借りると言う手段も考えなければなりません。

これが進学の場合は、奨学金を借りることがほとんどでしょう。

『出世払い』という言葉がありますが、まさに奨学金の返還はそのもので、今の自分の自分に資金が無くても、将来の自分のために借り入れて、収入を得るようになったら返済していくという考えです。

ただ、収入を得られるようになっても思ったような金額を得られず、返済が出来ないわけでは無いけれど生活がカツカツで将来が心配になってしまう、そんな場合もあります。


そんな時にどのようにすると良いのか、記事にまとめました。
ファイナンシャルフィールド 『奨学金の返済と家計管理……年収200万円・社会人3年目Aさんのケース


返還を待って貰ったり、減額したり、無理なく返還する方法を選ぶことができます。通常、返済期間を延ばすと利息が余計に増えますが、日本学生支援機構の奨学金は返還猶予制度や減額制度を利用して県債期間が長くなっても、延長分の余計な利息はかかりません。

企業や地方自治体によっては返済の支援をしてくれるところもあります。問い合わせてみましょう。

利息があっても微々たる物で、奨学金の返還に悩むのは、借り入れ元本が大きい為です。
資金計画をする段階で、学校独自の学費が軽減される制度や、地方の返済不要の制度を調べて、不足する分のみ利用するようにしましょう。

関連記事

【メディア実績】ファイナンシャルフィールド『【年金相談】40歳です。ずっと専業主婦で厚生年金を払ったことがありません。年金の受給額はいくらになりますか?』
制度や仕組みを、 知っていれば【貯められる】、知っていれば【殖やせる】、知っていれば【騙されない】 FP相談ねっと林です。 第3号被保険者制度は、昭和61年4月から始まりました。それ以前は、厚生年金加入者に扶養されている配偶者は、国民年金に「入りたかったら入ってね。」だったのが、加入しなければならなくなったのです。しかし、……
【メディア実績】ファイナンシャルフィールド掲載 年金と働き方の4本
FP相談ねっと林です。   なるべく働き続ける事、これが、健康にもお財布にも良いことは皆様ご存じでしょう。 定年過ぎたら何もやらないのが良いこと・・とは言えないのです。   老後に必要なのは「きょういくときょうよう(今日『行く』ところと、今日『用』があること。)」と仰ったのは、「頭の体操」の著者、多湖輝さん。 多湖さんの著書「……
【メディア実績】ファイナンシャルフィールド『「夫が、25年払えば年金はもらえるから、これ以上払ったって損だからって言うのです。」本当?嘘?』
確定拠出年金相談ねっと認定FP林です。   平成29年8月1日から、老齢年金を受け取るのに必要な資格期間が10年になりました。 (資格期間とは、保険料納付済み期間と免除の期間、そして合算対象期間を合計した期間です。) それまでは、資格期間は25年必要でした。 25年の資格期間が必要だったのが10年になったってことは、長く掛けている人は損?……
【メディア実績】finasee 「年金、月に8万6000円しかもらえない…」に立ち向かう、 iDeCo徹底活用術
制度や仕組みを、 知っていれば【貯められる】、知っていれば【殖やせる】、知っていれば【騙されない】 FP相談ねっと林です。 フィナシーさんの記事、続編です。 https://media.finasee.jp/articles/-/10576 公的年金を増やすには、今の状態からは、なるべく長く働き、長く年金額を納めること……