ファイナンシャルプランナー前田 菜緒

2020年 08月 19日

児童手当を仕組みから所得制限オーバー対策まで詳しく解説(動画解説あり)

こんにちは。

子育て世代の家計のパートナー、FP相談ねっと認定FPの前田です。

子育て世代の方は、児童手当をもらっていると思いますが、児童手当の仕組みについては、意外に知られていないものです。そこで、児童手当の仕組みから、所得制限をオーバーした時の対策まで、詳しくお伝えします。

動画で見たい方は、こちらから/

「保育園ママのための増やすお金講座」(児童手当編)

1時間目「児童手当のキホン」 約7分

2時間目「誰が受け取れるの」 約7分

3時間目「うちは所得制限オーバーしてない?」 約7分

4時間目「所得制限の注意点とオーバー時の対処法」 約7分

1時間目から4時間目まで全部見たい人は、こちら

ブログで読みたい人は、このまま読み勧めてくださいね

1-1 児童手当の金額

児童手当は、中学校卒業までの子を育てている人に支給される手当金です。子どもの年齢によって支給金額が異なり、3歳未満は15,000円、3歳以上小学校卒業までは10,000円(第3子以降は15,000円)、中学校生は10,000円です。

それぞれの総額は、下記の表のとおりです。

0歳〜中学校卒業までの総額にすると約200万円もらえます。

金額の幅があるのは、誕生月によってもらえる金額が異なるためです。支給のスタート時期は誕生月の翌月のため人によって違いますが、終了時期は中学校卒業までみんな同じなので、4月生まれの子の方が、3月生まれの子より多くもらえるということですね。

11万円の差がありますから、もしかすると不公平と思うかもしれませんが、早く生まれている分、それだけお金もかかっているわけですから、そう考えると、それほど不公平感はなくなるのではないでしょうか。

所得制限オーバー家庭には「特例給付」

また、児童手当には所得制限があります。所得制限をオーバーしている家庭については、支給金額は一律5,000円になります。これを特例給付と言います。

金額は児童手当より下がりますが、中学校卒業までもらえるわけですから、総額にすると90万円ぐらいもらえます。かなり大きな金額になりますから、大変ありがたい制度ですよね。

1-2 3人以上子どもがいる家庭はここに注意

注意していただきたいのが、3人以上お子様がいるご家庭です。3歳から小学校卒業まで、第3子以降の支給金額は15,000円ですが、この「第3子」は、単純に3番目の子ということではありません。

高校卒業までの子のうち3番目以降の子のことを言います。つまり、高校生までを「子」、高校を卒業すると「子」でなくなります。

例えば、今年、小学校4年生、中学校1年生、高校3年生の兄弟がいたとします。

小学校4年生のお子さんは3番目の子なので、第3子になりますね。児童手当15,000円をもらうことができます。

しかし、来年になるとどうでしょうか。

小学校4年生だった三男は5年生になって、中学校1年生の次男は2年生に、高校3年生の長男は、大学生になるわけです。

そうすると大学1年生の長男は子どもとしてみなされません。その結果、中学2年生の次男が第一子になり、小学校5年生の三男は第二子になります。

つまり小学校5年生の三男の児童手当は15,000円ではなく10,000円になるということです。

3人以上お子様がいる家庭の方は、子どもの数の考え方は、単純に何番目の子という数え方ではないことを知っておいてくださいね。 

1-3 児童手当の申請方法

児童手当は、子どもが生まれたら申請しますが、引っ越しをしたときも申請が必要です。

生まれた日や引っ越しが月末の場合

児童手当がもらえるのは、申請した翌月からです。しかし、生まれた日や引っ越した日が月末に近い場合、申請日が翌月になってしまうこともあります。そうなると、不利ですよね。

なので、異動日の15日以内に申請すれば申請月分から支給される15日特例というものがあります。

申請はお早めに!!

2時間目「誰が受け取れるの」

2-1 児童手当を受け取れる人

児童手当を受け取れる人は、中学校卒業までの

①日本に住んでいる
②子を養育している人


です。

では、日本に住んでいるとは、どういうことでしょうか。たとえば、下記のような判断に迷うケースがあると思います。

次に、養育しているとは、どういうことでしょうか。

父と母と子ども、家族みんなが同居している場合、一般的には女性より男性の方が所得が高いですから、お父さんが受け取っている家庭が多そうですね。

お父さんとお母さんが仲良ければ、それで良いのですが、お父さんとお母さんの仲が悪い場合やお父さんが家にお金をいれない場合もあります。

そのようなケースでも、残念ながら、受け取る人を変更することはできません。住民票が同じなら、所得の高い方が受け取ることになります。

児童手当から保育料や給食費を徴収してくれる・・・?

お父さんは家にお金を入れない、なのに、保育料や給食費はお母さんの口座から引き落とされている場合、お母さんとしては納得がいきません。

せめて、児童手当から保育料や給食費を差し引いてくれたら・・・と、思うことでしょう。

内閣府のホームページでは、下記の記載があります。

保育料や、申し出があった方についての学校給食費などを、市区町村が児童手当等から徴収することが可能です。

内閣府「児童手当制度のご案内」

しかし、その下に

※保育料などの徴収を実施するかどうかは、各市区町村で異なります。

内閣府「児童手当制度のご案内」

とも書いてあります。

給食代は、学校が引き落とします。児童手当は市区町村が支給します。学校と市区町村は、児童手当で連携していません。縦割りです。私が住んでいる江戸川区では、児童手当から給食費を差し引く対応していないとの回答でした。

お住まいの市区町村に確認してみましょう。

2-2 児童手当の所得制限の仕組み

児童手当には所得制限があります。下記が、所得制限の限度額の表です。

出典:横浜市「児童手当ー所得制限について」

所得制限は扶養している人数によって金額が異なります。扶養している人数が何人か、当てはまる欄を見てみると、所得制限限度額が分かりますね。この所得制限限度額と比べるのは、去年の所得です。去年1月〜12月の所得で今年の6月〜来年5月までの児童手当が決まります。

なお、この表には、扶養人数が5人までの所得制限額しか記載されていません。扶養親族が5人以上だよという場合は、扶養親族1人あたり、38万円を622万円に加算してください。

38万円☓扶養人数+622万円=所得制限限度額

という計算式です。ちなみに、70歳以上の親を扶養している場合、1人あたり48万円を加算します。

そして、扶養人数は、前年の12月31日時点での人数です。今月赤ちゃんが生まれたから扶養人数増えたよという考え方をするわけではありません。

2-3「扶養」とは、社会保険の扶養のことではない

また、「扶養」については少し注意が必要です。

「扶養」と聞くと社会保険上の扶養を思い出す方が多くいらっしゃると思います。「夫の健康保険に入っているから、私も扶養されているよ」という意味の「扶養」ですね。夫の健康保険組合の保険証を使っているような場合です。これは、「社会保険上の扶養」と言います。

しかし、児童手当の扶養は「社会保険上の扶養」ではなく、「税法上の扶養」のことをいいます。

税法上の扶養とは、所得が38万円以下の人のことを指します。所得が38万円以下ということは給与収入に換算すると年収103万円以下です。したがって、給与収入のみなら年収103万円以下の人を扶養人数としてカウントするということです。

保育園ママの場合、扶養されている人は少数派だと思いますが、育休中は扶養されているかもしれませんね。詳しくは、こちらのブログで確認を。

<補足>2020年に税制改正があり、38万円の基準が48万円にアップしました。ただ、年収基準は103万円のまま変わりません。扶養人数の考え方も税制改正があったからといって、変わるわけではありません。

年末調整後の確定申告、扶養人数は正しく申告

さて、会社で年末調整をしたあと、確定申告するとします。その時、きちんと扶養親族を申告していますか?会社の年末調整で正しく扶養親族を申告していたとしても、その後、確定申告で正しく申告していないと、所得制限が正しく算出されません。

ここで申告が漏れるケースが多いようなので、ご注意を。

年末調整でお子さんの名前を書くと思いますが、その後、確定申告したとしても、確定申告でもお子さんの名前を忘れずに書いてくださいね。

3時間目「うちは所得制限オーバーしてない?」 

3-1 所得制限オーバーかどうかを確認する方法

所得制限を簡単に確認する方法があります。下記の表を見てください。

青枠は個人事業主など事業所得だけの人の所得限度額です。所得限度額は、収入から必要経費を差し引いた金額と比較してください。

次に、給与収入のみの人です。オレンジの枠を見てください。「収入額の目安」とご自身の年収を比較してください。

3-2 所得制限額の計算方法

では、所得制限ギリギリかもという方のために、もう少し詳しく計算方法をお伝えします。

所得制限の計算式

まず、給与収入の方は源泉徴収票をご用意ください。

計算式の「A」

Aは「給与所得控除後の金額」です。事業所得の方は、A=収入―必要経費と置き換えてください。この金額からBを差し引きます。

計算式の「B」

Bには、6つの控除があります。Bの項目は当てはまるものがあれば、差し引くことができます。

医療費控除:医療費がたくさんかかった場合差し引ける項目

障害者控除:本人やご家族が障害者の場合に差し引ける項目27万円(特別障害者の場合は40万円)

寡婦控除:ひとり親の方が差し引ける項目27万円(所得が500万円以下など特別の寡婦の場合は35万円)

小規模共済等掛金控除:iDeCo等をしている方が差し引ける項目

雑損控除:災害や盗難などで損害を受けた場合に差し引ける項目

勤労学生控除:本人が学生の場合に差し引ける項目

計算式の「C」

そして次はC、8万円です。これは法律で8万円と金額が決まっています。

以上、A-B-Cを計算して、ご自分の金額が所得制限限度額内に収まっているかどうかを判断します。

3-3 共働き夫婦4人家族の場合

では、この4人家族の場合のケースを考えてみましょう。

年収900万円と、高所得者のお父さん。このお父さんの場合、Aの金額は源泉徴収票に690万円と記載されています。そして、このお父さんには、Bに当てはまるものがありません。Cは 8万円なので、A-B-Cを計算すると

(A)690ー(B)0ー(C)8=682万円

内閣府「所得制限限度額」を加工

扶養親族は2人なので、所得制限額は698万円、制限内に収まっていることがわかります。

4時間目「所得制限の注意点とオーバー時の対処法

4-1 2021年の所得制限は今のところ不明

実は、2020年に税制改正があり、2021年分の児童手当を考える際はAの金額は変わります。

児童手当は前年の所得で判断されるため、2020年の所得は2021年の児童手当に影響します。Aの金額は2020年は690万円でしたが、2021年には705万円にアップします。

A-B-Cを計算すると697万円となり、所得制限にギリギリ収まっていることがわかります。もしかすると、この所得制限の限度額は、税制改正に合わせて変わるかもしれません。でも、今の段階では変わるかどうかは不明です。

このお父さんの場合、残業が増えて年収が増えると、所得制限オーバーになるかもしれません。

では、そんな時には、どんな対処方法があるでしょうか。

4-2 所得制限オーバー時の対処法

まず、Aの金額は変更することができませんね、Cも8万円と決まっています。自分で操作できる所はBです。Bは当てはまる項目があれば、差し引くことができます。

Bの中で、誰でも当てはまりやすい項目が小規模企業共済等掛金控除です。

この控除はiDeCoを活用することで、活用できる項目です。会社に確定拠出年金の制度があり、マッチング拠出の制度があれば、同様に小規模企業共済等掛金控除を利用できます。

会社に確定拠出年金の制度があるかどうかもチェックしてくださいね。

ただし、iDeCoには掛け金の上限があります。

職業や会社の制度によって上限は変わります。たとえば、会社に企業年金がある場合だと、月額12,000円、年間14万円までしか積み立てる事ができません。ですから、大きく所得を減らす効果はありません。

しかし、iDeCoは老後資産のための積み立て制度。節税効果も大きいですし、保育料を下げる効果もあります。一石二鳥、いえ、一石四鳥、五鳥くらいある、とても良い制度なので、ぜひ、この機会にはじめることをオススメします。

また、iDeCoをはじめたいと思っているけれど、資産運用方法がさっぱり分からないという方は、メルマガに登録してくださいね。登録された方には、資産運用に失敗したくない人のためのメール講座を配信しています。一番下に登録フォームがあります。

4-3 iDeCoの効果は?

さて、このお父さん、iDeCoを月12,000円はじめると、所得制限との関係はどうなるでしょうか?

A=705万円、B=14万円(12,000円☓12ヵ月)、C=8万円ですから、

A-B-C=683万円

内閣府「所得制限限度額」を加工

所得制限額が698万円です。

お父さんのA-B-Cの金額は、iDeCoをしなければ697万円、iDeCoをすれば683万円。iDeCoによるものすごく大きな効果はないものの、しないよりいいですよね。

繰り返しますが、なんと言っても自分の老後資産を作ることができるのですから。

iDeCoをはじめたい、教育費やこれからの人生のお金をつくっていきたい、などのお金の迷いは、ご相談くださいね。

\合わせて読みたい/

・認可保育園の保育料、iDeCoをすれば安くなる

・学資保険と外貨建て終身保険、そして、自分で積立、子どもが生まれたらどうやって教育費をつくる?

・2019年10月スタート!幼児教育無償化とは?

・パパは育休を2回取れる?!パパママ育休と併用できるパパだけに認めらる「パパ休暇」

資産運用に失敗したくない運用初心者さんのための 5日間無料メール講座




関連記事はこちら