rnohara

【八丁堀】8月17日(木)10:00~11:30<第3回>中小企業向け確定拠出年金セミナー

 

こんにちは、品川の確定拠出年金相談ねっと認定FPの野原 亮(のはら りょう)です。

中小企業経営者向けにセミナーをやりますので、お知らせです。

 

 

話題沸騰のAI(人工知能)

AIを上手に活用すれば、デスクワークの64%を自動化できるといわれ、とても強い味方となります。

デスクワークから解放された人材は「売上に直結する創造的な仕事」に集中することが可能になります。

本セミナーでは、数あるAI技術の中からITコンサルタントが目利きしたものを、カテゴリ別に具体的なAI技術と活用事例を中心に紹介いたします。

 

話題になりつつあるDC(確定拠出年金)

優秀な人材を獲得したい、経営者なら誰もが思うことでしょう。

求人欄に「企業年金制度あり」「確定拠出年金制度導入」などと記載されていることは、採用活動において大きなアドバンテージになります。

なぜなら小規模経営の会社であっても、「大企業なみ」の福利厚生が整っていると思ってもらえることでしょう。

 

セミナー内容

AIが変える近未来

AI技術のメリット

AI活用に活かせる資金調達方法とは?

確定拠出年金導入による5つのメリット

 

講師紹介

タアシエ株式会社 代表取締役社長 高橋 範行

「IT専門のお医者さん」ITコンサルタント。大学を卒業後、大手ITメーカーでの約17年を含め、25年500件以上をシステム化。
リピート率90%以上を誇り、従業員30名以下の中小企業を中心に、ITを活用した業務効率化により、10倍を超える利益の確保と財務体質改善を達成することも。
IT対応に苦慮している中小企業のお役に立ちたいと、2016年にITコンサルティング会社を設立、ビジネス拡大のサポートを開始。
設立1年目にしてお客様からは、多数、賞賛されるまでになる。

確定拠出年金機構 代表 野原 亮

現東証一部上場の証券会社に入社、10年在籍したのち営業コンサルティング会社に転職、生涯担当顧客は1,000名にも上る。
2016年に確定拠出年金専門のファイナンシャルプランナーとして開業。
法人への企業型確定拠出年金の導入を中心に、長期・多岐にわたるサポートを継続すべく、制度の普及に努めている。
DVDで「一人社長・夫婦経営の社長のための確定拠出年金」を出版。

お申込みはこちらから

 

日時

8/17(木)10:00~11:30 開場9:40

 

会場

東京都中央区八丁堀3-17-9 京華スクエア2階 ハイテクセンター第1会議室

→東京メトロ日比谷線/JR京葉線 八丁堀駅A3出口より徒歩1分
→都営地下鉄浅草線 宝町駅A1・A2出口より徒歩5分

 

参加費

税込み5,000円

※AI関連会社、経営革新計画取得済みの会社、企業型確定拠出年金導入済みの会社、コンサルティング会社のご参加はお断りしております。

 

定員

10 名

 

申込期限

2017年08月16日

お申込みはこちらから

 

関連記事

【メディア実績】マイナビ学生の窓口フレッシャーズ『企業型確定拠出年金とは?年金の制度や概要について解説』
こんにちは。品川~高輪ゲートウェイのFP相談ねっと認定FP、野原です。 歴史は繰り返さないが韻を踏む 好きな言葉のひとつです。 僕が就活をしていた頃より、今のほうがはるかに大変かと感じていますので、僕の経験があなたの役にたつことは、きっと多くはないでしょう。軽々しく、あなたの努力を理解できるとは思ってもいません。 それでも、……
コロナ対策の「無利子・無担保」融資制度がスタート
こんにちは。FP相談ねっと認定FP、品川(高輪ゲートウェイ)の野原です。   筆者とFBで繋がっている経営者のかたでしたらご存じかもしれませんが、 コロナショックを受けて、僕が発信していた最も重要なメッセージが3つあります。   脱緊縮財政 + 消費税5%回帰 + MMT(現代貨幣理論)ル   それについて、全……
従業員のビジネススキルとしても活用できる、中小企業にしかできない金融教育
こんにちは、品川(高輪)の確定拠出年金相談ねっと認定FP、野原です。   ちょっと間があいてしまいましたが、先月末頃に某中小企業様にて研修講師をさせていただきました。   福利厚生の一環として導入された企業型の確定拠出年金制度(DC)についての研修で、 転職組の新入社員6名の方々とグループセッションのような勉強会です。 &……
【Zoom開催】4月29日(水)16:00~18:00「セルフ給付金」のふやし方【ゲーム編】
こんにちは。FP相談ねっと認定FP・0円投資マスター、野原(のはら)です。 「1人につき10万円」の給付を受けられる「特別定額給付金(仮称)」が動きだしました。感染拡大を防ぎながら、シンプルかつスピーディーに的確に家計支援を行うという目的で、約13兆円にのぼる事業費が補正予算案に計上されています。 給付対象者は、基準日(令和2年……