青山 創星

8一から始めるイデコ入門~いくら掛けれるの?

こんにちは、青山創星です。

2017年1月からほぼ全ての現役世代の人々がイデコをできるようになりました。

しかし、働き方によって毎月いくらまで積み立てることができるかが違います。

まずは、自分がいくらまでできるのかを知ることから始めましょう。

 

★★★★★★★★★★★★★★★

創星:こんにちは。

アユ:こんにちは。

創星:創星です。

アユ:アユです。

創星:さぁ、またまたなにか聞きたいことがあるそうですね。

アユ:あります。私の心は段々イデコを申し込みたいなと思ってきたんですけれども。私、いくらから始めればいいかって。皆さん聞きたいと思うんですけれども。いくらから積み立てが出来るのか、そこら辺を教えてください。

創星:はい。イデコっていう制度。まず、できる限度額っていうのは、今働いている働き方によってみんな違いがあるんです。まず、この1月からやれる人の範囲ってものすごく広がったんですよ。家庭の専業主婦ってそれまでできなかったんですよ。

アユ:できなかったんですか!

創星:うん、でも1月からできるようになりました。それと、公務員の人もできなかったんです。でも、1月から出来るようになりました。それから会社員の人も一部できない人がいたんです。その人もできるようになりました。ほとんど全国民が今出来るようになったんです。でも限度額が違うんです。いくらまで積み立てられるかが違うんです。

アユ:はい。

創星:例えば、自営業者、アユちゃんも自営業者に入るかな。その人は、一番たくさん積み立てられる。

アユ:え~!そうなんですね。

創星:ひと月6万8千円まで積み立てることができます。それから会社員、会社員の人で、会社で企業型確定拠出型年金を会社でやったりしていると違うんですけども、そういうのが無い人で個人型イデコをやろうとした場合は月2万3千円までできます。

アユ:はい。会社員は2万3千円。

創星:それから、公務員は、月1万2千円まで。

アユ:そうなんですね。1万2千円。

創星:それから、専業主婦でっていうのは何かっていうと、会社員のご主人がいて、会社員のご主人が保険料を払ってくれていて自分では保険料を払わなくていいんだけど、国民年金を貰えるよって奥さんいますよね。その人が専業主婦。3号被保険者と呼ばれているんですけれども。

アユ:ああ!はい。

創星:その人は月2万3千円までなんですね。

アユ:はい。

創星:事業主6万8千円、会社員2万3千円、公務員1万2千円、専業主婦の3号被保険者が2万3千円、こんな感じなんですね。

アユ:はい、わかりました。

創星:それが、限度額なので、その範囲の中で自分が好きな金額、個人型確定拠出型年金だと5千円が最低金額なので、5千円からその限度額までの積み立てが出来ることになります。

アユ:わかりました。

創星:さ、わかっていただけましたでしょうか?

アユ:はい、わかりました。ありがとうございます。

創星:じゃ、またね~。

アユ:はい!

★★★★★★★★★★★★★★★

goo.gl/FAiYV4

↑↑↑

名古屋でじっくりイデコを学べる貴重なチャンス!!!

どこの金融機関にも所属していない元銀行員が、あなたに最適の金融機関や商品の選び方から運用の仕方まで、イデコの全てをお伝えします。

関連記事

老後、国の年金ではいくら足りないのか、受給額を計算してみよう。
こんにちは、青山創星です。国の年金、あんまりあてにならないなあ。そう思いながらも、特に準備していないあなたへ。いったい国の年金だけでは老後の生活のためにいくら足りないのか?まずは、ザックリ知りましょう。3分19秒でわかります。⇓⇓⇓  ・・・・・・・・・・・・・・・・夢ある老後を実現する国の制度企業型確定拠出年金について無料メルマガでお伝……
個人年金保険よりDCの方が断然税金が安くなるって本当?
こんにちは、青山創星です。個人年金保険って税金がお得だって聞いてやっているんですけど、確定拠出年金(DC,401k)はどうなんですか?そうですね。確かに個人年金保険も所得税や住民税のほんの一部が安くなります。でも、確定拠出年金は所得税も住民税も全額が戻ってきます。凄い威力です。所得税や住民税の金額は、年収そのものではなくさまざまな控除が差し引かれたあとの課税……
男性で昭和36年4月1日、 女性で昭和41年4月1日以前に生まれて1年以上会社員だった方はちょっとラッキーかもしれません!!!
こんにちは、青山創星です。今日は、「50歳以上」の方用の年金定期便の見方をお伝えします。こんな様式になっています。②の欄だけに表示のある方と①の欄にも表示のある方とがいます。①の欄にも表示のある方は、老齢基礎年金の受給資格期間(原則として25年)があり、かつ、厚生年金に1年以上加入していて、生まれたのが男性の場合、昭和36年4月1日女性の場合、昭和41年4月……
投資信託を選ぶポイント(続)
こんにちは、青山創星です。前回は、投資信託を選ぶポイントとして投資対象についてお話ししました。投資対象によってリスクとリターンが変わってきます。さて、今回は2つ目のポイントとして運用の手法(スタイル)についてお話しします。主な運用の手法としてはパッシブ運用とアクティブ運用というものがあります。パッシブ運用というのは投資対象の商品の市場全体の平均的な値段の動き……