青山 創星

見えない老後のオバケを見てしまおう!!!

老後の不安は、
見えない老後のオバケが原因。

不安は、
正体不明のものがあるから
生まれるものです。

なんだかよくわからない。

周りの人たちが、
怖いぞ怖いぞと
言っている。

自分にはそんなの
関係ないと思っても、
どこか気になる。

気になっていると
今の自分が
思いっきりアクセルを
踏むことが
出来なくなってしまいます。

国からもらえる年金では
老後の生活には
足りないと人は言う。

体が思うように動かせなくなり
稼ぐことができなくなったとき
国からもらえる年金で足りるのか。

ちゃんとお金が残せているのか。

自分は、
生涯現役で
引退なんて考えてない。

今はまだ結構苦しいけど
老後のために
お金を貯めるより
今の自分に
自己投資して
どんどん稼ぐことが先決。

でも、
お金って
貯めようと意識しないと
貯まらないんです。

意識しても
なかなか貯まらないんです。

貯めるためには
自然に貯まるように
自分なりの
システムを作っておく
必要があります。

例えば
財形貯蓄のような。

サラリーマンを
経験した人なら
知っているでしょうけれど、
給料天引きで
貯蓄していく
財形貯蓄という
制度があります。

給料をもらう前に
自動的に差し引かれて
貯蓄に回してくれるので
自分では
ほとんど意識することなく
お金が貯まっていきます。

毎月の積立額は
2万円とか3万円でも
知らないうちに
何百万円も
貯まってしまいます。

たとえば
この給与天引きのような
システムを
取り入れるようなことを
しないと
お金はまず貯まりません。

今頑張って
稼ぐ力をつけているから
たくさん稼げるようになってから
貯める。

そんな風に思っていると
貯めるチャンスを
逃してしまいます。

特に
サラリーマンでなく
自分で事業をやっている
一人社長の場合だと、
ビジネスが好調な時もあれば
不調な時もあります。

自分がどんなに頑張っても
景気が悪くなれば
自分のビジネスも
調子が悪くなります。

儲かってから貯蓄
と考えていると
その時は
永遠に来ないかもしれません。

ちょっと無理してでも
少しずつでも
時間をかけて
貯めていくのが
お金を貯める
最大のコツです。

私も長い間
サラリーマンをしていましたが、
財形貯蓄が一番
お金を貯めるのに
役立ちました。

さて、ちょっと話が
わき道にそれましたが、
見えない老後の不安の
正体をはっきりとさせて
見てしまうことが
不安を解消する
最良の方法です。

そのうえで
コツコツと
少しづつ
準備する。

老後
国からどれだけもらえて
どれだけ自分は使って
差し引きいくら足りなくなるのか、
まずはザックリ
つかんでみましょう。

見えないものが
見えるようになると
本当に
すっきりしますよ。

今すぐこちらをクリック
⇓⇓⇓

……………………………..

夢ある老後を実現する
国の制度
企業型確定拠出年金について
無料メルマガでお伝えさせて
いただいています。
(企業型についてのメルマガですが、
個人の方の資産運用にも活用できる
投資法についても
随時配信させていただきます)
⇓⇓⇓
1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTgkIRnMow
(いつでも解除できます)

 

関連記事

12.5サラリーマンの奥様はズルい?!
自営業者の妻(専業主婦)は、サラリーマンの妻(専業主婦)と違い自分で保険料を払っています。しかし、もらえる年金はサラリーマンの妻と同じで、最大月6万5千円です。自営業者の奥様の中には、まさかサラリーマンの奥様が自分では保険料を払っていないということを知らない方も多いようです。じゃあ、サラリーマンの奥様の保険料は、自営業者の奥様が負担しているのかというとそうで……
45一から始めるiDeCo入門~企業型確定拠出年金のメリットは?
  https://youtu.be/EkvFnyGtip8 創星🌟:こんにちは。 アユ🐟:こんにちは。 創星🌟:創星です。 アユ🐟:アユです。 創星🌟:さあ、もう大丈夫ね。 アユ🐟:はい。 創星🌟:もう質問ないかね? ……
国の100年安心プランでは、あなたが65歳になったら年金をいくらもらえるのでしょうか?
こんにちは、青山創星です。30歳の人は65歳になったら一体いくらくらいの年金を手にすることができるのでしょうか?2004年(平成16年)、政府は年金の大きな改革を行い100年安心プランと名付けました。そこで5年ごとに人口や経済が見込みとずれていないかを検証していくことにしました。その検証の最新版は2014年(平成26年)に行われました。100年安心プランでは……
分散投資か、株への集中投資か?
こんにちは、青山創星です。 今日は、 「分散投資か、株への集中投資か?」 についてお話しします。 やみくもに分散すると かえって大きな損失を被る可能性がある のに対して、 きちんと分散すれば 同じリスクでもより高いリターンを得られる 可能性が高まるのでしたね。 教科書にはこのように書かれていて、 書かれていることは正しいのです。 しか……