ファイナンシャルプランナー井内 義典

2022年 06月 21日

【メディア実績】フィナシー『みんなの資産運用相談』「『分配金っておトクそう』は誤解? NISAで分配型ファンドを買う際の大きな“盲点”」

ご覧の皆さま、こんにちは。

活動拠点は主に横浜。公的年金、若年層の金銭教育を得意分野とする、ハマのCFP®・社労士・1級DCプランナーの井内(いのうち)です。

フィナシー『みんなの資産運用相談』で新規記事「『分配金っておトクそう』は誤解? NISAで分配型ファンドを買う際の大きな“盲点”」が掲載されました。

2022年度より、高校の授業で金融教育が行われるようになっています。若い人にも投資信託を知る機会ができることになるでしょう。

そのような流れの中、NISAの非課税枠を最大限活用して投資を始めたい人も多いことでしょうが、投資信託で気になるのは分配金のこと。

今回はNISAで投資する場合の分配金についての注意点を取り上げた内容となっています。

NISAと投資信託のそれぞれの仕組みを理解した上で、上手く資産形成できると良いですね。

【これまでの実績】——————-●個別相談、金融機関の相談会等含め年金相談は合計4500件以上経験、●教育研修は地方自治体職員向け、年金事務担当者向け、社会保険労務士向け、FP向け、社会人1年生向けなど。㈱服部年金企画講師。●執筆は通算300本以上!『週刊社会保障』の「スキルアップ年金相談」(法研様)、「東洋経済オンライン」(東洋経済新報社様)、「MONEY PLUS」(マネーフォワード様)、「finasee(フィナシー)」(想研様)、「ファイナンシャルフィールド」(ブレイクメディア様)、月刊『企業年金』の「知って得!公的年金&マネープラン」(企業年金連合会様)。その他、FUSOSHA MOOK「定年前後に得するお金の手続き」(扶桑社様)共同監修。●調査研究活動は研究論文「老齢年金の繰下げ受給の在り方-遺族厚生年金の受給権がある場合-」(日本年金学会編『日本年金学会誌第39号』)など。●取材協力先として扶桑社様、光文社様、日本経済新聞社様。●その他、動画「人生とお金の悩みを解決!たった5分のお金の学校」、Clubhouseルーム「【FP井内】いのっち公的年金語り部屋」に出演。


関連記事はこちら