ねんきん定期便相談事例集|ねんきん定期便に関わる相談事例をまとめました。

ねんきん定期便相談事例集|ねんきん定期便に関わる相談事例をまとめました。

ねんきん定期便の見方に関する相談事例 メイン

ねんきんネットで老後の年金額は分かりますか?

ご相談者様 DATA

【年齢】 46歳

【職業】 建設業事務

【性別】 女性

【家族構成】 夫、子ども(中1)

相談しようと思ったきっかけ(アンケート抜粋)

先日、ねんきん定期便が届きました。

ねんきん定期便を見ると「アクセスキー」が書いてあり、「アクセキーでねんきんネットのご利用登録を」と書かれています。老後の年金がいくらもらえるのか知りたいのですが、ねんきんネットでそれが分かるのであれば、利用したいと思いました。

先日、友達と家計について話題になり、ねんきん定期便の話をしたら、その友達が40代女性向けに老後の資産づくりを専門としているFPの友達がいると教えてくれ、前田さんを紹介してもらいました。この際、ねんきんネットの事や老後の年金のことを相談したいと思い、お願いしました。

ご相談内容

ねんきんネットに登録すると、老後の年金がいくらもらえるのか分かるのでしょうか。もし分かるのであれば、手続きをしたいのですが、どのように手続きをすれば良いですか。

また、手続き後、ねんきんネットの使い方について教えてください。老後にいくら年金がもらえるのか知りたいです。

ご相談でお話しした内容

今回の相談者様は私の友人からの紹介でした。ねんきん定期便が届いたことをきっかけに、ねんきんネットを利用してみたいと思ったとのことでした。しかし、お話を伺ってみると、どうやらその背景には深い理由がありました。

 

相談者様のお子様はこの春、中学生になりました。今までのように家族で出かける頻度は減り、土日になるとお子様は単独行動。夫婦だけの時間が増えました。それと同時に、ご主人と2人きりの時間を苦痛に感じるようになってきたとおっしゃいます。

そこで、ふと熟年離婚が頭に浮かびました。そんな時に定期便が届き、老後の年金について知りたいと思い、相談に来られたそうです。

確かに、子どもが生まれると夫婦の会話のほとんどが子どもの話題です。子どもが小さい頃は、成長が著しいので夫婦の会話も弾みますが、成長するに従い、話題のネタも徐々に少なくなります。夫婦の会話=子どもの話題の夫婦であれば当然会話も少なくなります。夫と2人きりだと何を話して良いか分からない、夫婦2人の時間が苦痛と感じるようになる女性は少なくないと聞きます。相談者様もその1人でした。

 

さて、相談者様は年金がいくらもらえるのか知りたいとのこと。50歳未満の方のねんきん定期便には、これまでの加入実績は記載されていますが、老後の年金見込み額は記載されていません。この点、ねんきんネットに登録すると、年金見込み額が試算できますから、相談者様の疑問は解決できそうです。手続き方法について知りたいとの事でしたので、ねんきん定期便を手元に置いて、相談者様のスマホから一緒に手続きをすることにしました。

 

ユーザIDを取得する

ねんきん定期便には、ねんきんネットにアクセスできるQRコードが記載されています。QRコードは平成30年送付分から記載されています。

まずは、そのQRコードを読み込んで、ねんきんネットにアクセスしました。すると、ねんきんネットのトップページにつながります。

次に、ねんきんネットに登録するにはユーザIDが必要です。ユーザIDを取得するには基礎年金番号とメールアドレスが必要になります。相談者様は会社員のため年金手帳は会社に預けています。そのため事前に基礎年金番号を人事の方に聞いておくようお願いしていました。

なおユーザIDは、ねんきん定期便に記載されているアクセスキーがあれば即時発行できますが、アクセスキーがなければ郵送対応となり、1週間ほどかかります。

アクセスキーの有効期限は、ねんきん定期便到着後3ヶ月ですから、定期便が届いたら、すぐにねんきんネットに登録することをお勧めします。

 

                         「出所  日本年金機構」

 

相談者様の場合、ねんきん定期便が届いてまだ1ヶ月ほどでしたので、アクセスキーは有効です。トップページから「新規登録」をクリックし、「ご利用登録」(アクセスキーお持ちの方)から登録をしました。

 

すると、ユーザIDが記載された確認メールがすぐに届きました。ユーザIDは今後、ねんきんネットにログインするたびに必要になる情報ですから、このメールは大切に保管しておきます。

 

ねんきんネットで得られる情報

ねんきんネットで、できることは下記の通りです。

ここで、インデックスを見ただけでは、理解しづらい赤枠の項目について、説明します。

 

私の履歴整理表作成

自分の年金記録に誤りがないか確認できるツールです。

 

追納・後納等可能月数と金額の確認

過去に保険料の支払を免除されていた場合(保険料免除、納付猶予または学生納付特例)、10年以内であれば後から支払うことができます。この制度を追納制度といいます。

また、納め忘れ(未納)がある場合は通常2年前までなら遡って収められますが、平成30年9月までは5年前まで遡って収めることができる後納制度があります。

追納、後納できる年金がある場合は、納付可能な月数と金額が表示されます。また、これらを納めると年金見込み額はどう変わるのかも試算できます。該当する方は試してみてくださいね。

 

持ち主不明記録検索

持ち主が見つからない年金記録データを検索できます。年金記録に「もれ」がある場合、ここから検索ができます。自分自身の記録でも、家族の記録でも、亡くなった方の記録でも検索が可能です。

 

届書の作成

年金事務所に提出する各種届書を自宅で作成しプリントアウトできます。

このように、ねんきんネットでは、自分の年金に関する情報をしっかり得ることができます。

 

年金見込み額を試算する

相談者様は、年金をいくらもらえるのか知りたいとの事でしたので、早速「年金見込額試算」をします。

 

見込額試算の方法は3種類あります。

1、簡単試算:現在の職業が60歳まで続くと仮定した場合の試算方法。

2、質問形式で試算:今後の職業と収入を入力して試算する方法

3、詳細な条件で試算:今後の職業、収入、受給開始年齢を設定して試算する方法。受給開始年齢については、原則65歳からですが、65歳より早くもらう繰上げ支給、65歳より遅くもらう繰り下げ支給という制度があります。繰り上げすると年金が減額され、繰り下げすると年金は増額されます。

 

なお、この3種類の方法が選べるのは、パソコン版の画面です。スマホ版画面の場合は、見込み額試算を行うと自動的に簡単試算結果が表示され、その結果をもとに今後の職業や収入を入力して、アレンジしていくことになります。

 

相談者様は、これからも今の会社で働く予定で、収入については、大きく増える見込みは無いだろうとのことでしたので、「簡単試算」を行いました。すると65歳からの年金額は14万円という結果になりました。内訳は、基礎年金6万5千円、厚生年金7万5千円です。

 

 

(記載されている老齢年金額などの数字は筆者が試算したものであり、特定の個人の情報ではありません)

なお、相談者様は該当しなかったのですが、厚生年金基金加入の場合について、補足しておきます。

厚生年金基金加入の場合

厚生年金基金から支払われる金額については、①の画面の「基金代行部分」の欄に参考として表示されますが、「見込み額」には、含まれていません。これは、各基金に独自の給付設計があるため、ねんきんネットでは金額をお知らせできないという理由からです。しかし、②の画面では、基金から支払われる金額も含めた合計額が表示されます。

 

離婚時の年金分割

さて、相談者様は熟年離婚を考えていますから、年金で生活できるのかどうか最も気になります。総務省家計調査によると高齢単身無職世帯の1ヶ月あたりの支出は約15万円です。14万円では少し足りません。退職金もあるようですが、期待できる金額ではないだろうとのことでした。

 

また、相談者様は年金分割についても関心があります。しかし、離婚で分割される年金は婚姻期間中の厚生年金の納付記録です。共働きの場合、夫婦の保険料を足して2で割って半分ずつとなります。

一般的に、女性の方が男性より収入が低いため(保険料納付額が少ないため)、女性が男性の年金の一部を分割してもらうことが多いですが、相談者様の場合、婚姻期間中ずっと共働きです。ご主人の方が収入が多いとは言え、分割によってそれほど年金が増える見込みはありません。

しかも、相談者様の場合、女性から男性に年金分割するという逆のケースの可能性があることがわかりました。

というのも、現在、ご主人は独立に向けて準備中で、会社を辞めて個人事業主になるとのこと。個人事業主であれば厚生年金に加入しません。一方、相談者様は会社員ですから今後も厚生年金に加入し続けます。すると、相談者様の方が、厚生年金を多く支払うことになり、年金分割すれば相談者様の年金の一部をご主人に渡すことになるかもしれません。

そうなると、先ほど試算した年金額が減ります。さらに、相談者様には退職金があります。しかし、その退職金は財産分与の対象になると思われますから、老後資産は思ったよりもずいぶん少なくなるでしょう。

相談者様はそう簡単に生活が成り立つわけではないことにがっかりした様子でした。

 

iDeCoで離婚と老後対策

年金が減るかもしれないとわかったので、なるべく多くの資産をつくっておきたいところです。そのためには、貯蓄を増やすことが1番の近道です。

しかし、貯蓄を増やしたとしてもそれは財産分与の対象となります。全て自分の財産になるとは限りません。

そこで、私は、iDeCoであれば財産分与の対象外になる可能性があることをお伝えしました。相談者様の会社では、確定拠出年金の制度がないとのことでしたから、年間14万4千円まで拠出が可能です。

ただし、今のところ財産分与の対象外と言われていますが、企業型確定拠出年金については、財産分与の際に考慮された判例もあり、今後の解釈は不明です。

とはいえ、相談者様は離婚するかどうかもわかりませんし、iDeCoは節税メリットも大きく老後の資産形成に非常に役立つ制度ですから、相談者様もiDeCoをやらない方がもったいないとおっしゃっていました。

 

今回、相談者様は、ねんきんネットの手続き方法と老後の年金額を知りたいと相談に来られました。

ねんきんネットに、いつでもアクセスできるようになり、年金見込み額を確認できたのはもちろんのこと、離婚によって自分の年金が減るかもしれないことを知り、離婚と老後対策としてiDeCoを始めることになりました。相談者様には自分が考えていた以上に前進できたと喜んでいただき相談を終了しました。

お金の問題は、心の問題と直結しています。心のひっかかりが何なのかによってお金の計画の立て方、対策も異なってきます。今回は、同じ女性同士ということもあり、「こんな相談、金融機関にすることもできないし、ファイナンシャルプランナーに出逢えてよかったです」とおっしゃっていただいた事が印象的でした。

これからも、定期的にお会いして、ご相談者様の幸せをサポートしていくことをお約束しました。

The following two tabs change content below.
前田 菜緒

前田 菜緒

確定拠出年金相談ねっと認定FP
子どもが寝てからでも相談可能!子育て世代の家計のパートナーが希望ある未来づくりをお手伝いします。


相談事例をフリーワード検索で探す