ファイナンシャルプランナー林 智慮

2020年 01月 29日

【注意】見ず知らずの相手に運転免許証の画像を撮らせない!

FP相談ねっと林です。

国民生活センター 2020年1月21日公表の情報です。
「アンケートに答えるアルバイトに応じたら勝手に借金された!見ず知らずの相手に運転免許証の画像を撮らせたり、キャッシュカードの暗証番号などを伝えたりしてはいけません。」
(引用 ::国民生活センター アンケートに答えるアルバイトに応じたら勝手に借金されていた!-見ず知らずの相手に運転免許証の画像を撮らせたり、キャッシュカードの暗証番号などを伝えたりしてはいけません-)

是非、学生の皆さん、親御さんに知っておいて貰いたいと思います。

大学構内で声を掛けられ、アンケートに答えるアルバイトに応じた。後日振り込む報酬があるとのことで、報酬の振り込みのために銀行の口座番号、キャッシュカードの暗証番号を聞かれて答え、氏名、携帯電話番号を伝え、住所の確認の為に運転免許証を見せた。相手はその情報をスマホのアプリに入力した。画面を見せて貰ってない。(多分、このときに借り入れの必要事項を入力されたのでしょう。)その後、相手の連絡先に電話をしたら、消費者金融の電話番号だった。知らぬ間に自分が借り入れをしたことになっていた。借りたお金は自分の口座に振り込まれていない。・・というもの。
他にも、同様にアンケートに答えると報酬が得られると説明を受け、同様に銀行口座番号、キャッシュカードの暗証番号を伝え、運転免許証の画像を撮られた。その後、消費者金融から「インターネットで借り入れを申し込まれたが、暗証番号が間違っていて手続きが途中になっている。」と連絡があった。本人は申し込んでないという。

ここで、気をつけておくことがあります。

まず、報酬を振り込んで貰うには銀行の口座番号の情報があれば良く、キャッシュカードの暗証番号は要りません暗証番号は口座から引き出す時しか使いません。
銀行のATMによくある、「還付金がありますといわれても、決して暗証番号を教えてはいけません」も同様です。
銀行や、社会保険庁や警察や市役所など公の機関が、個人の暗証番号を聞いてくることはありません。受け取る時に暗証番号は要りません。

そして、ここが重要ですが、運転免許証は「身分証明書」です。住所、氏名、生年月日と顔写真付きであります。金融機関や資格の登録、公の手続きの際、自分の身分を証明するときに提示したり、コピーを添付します。
自動車やバイクの運転ができる免許証としての役割だけではありません。見ず知らずの人に運転免許証の画像を撮らせたりせず、取扱は慎重に。

そして、あれ?変だなと気付いたら、親に叱られるからと1人で抱え込まず、消費者ホットライン「188」へ電話しましょう。


関連記事はこちら