FP相談ねっと認定FP 林 智慮

2019年 05月 01日

【メディア実績】ファイナンシャルフィールド 『知っておきたい相続のキホン。相続の3つの方法って?放棄したい場合は?』

確定拠出年金相談ねっと認定FP林です。

 

相続には、単純承認・限定承認・相続放棄の3つがあります。

よく言われる争族は、単純承認の場合が多いです。

単純承認の場合、相続税がかかる場合は遺産分割協議をして10ヶ月以内に申告を。

小規模宅地の特例や配偶者の税額軽減を適用する場合、その結果非課税になっても相続税の申告が必要です。

遺産分割協議が上手くいかず、申告期限に間に合いそうに無い場合は、法定相続で申告をして分割後4ヶ月以内に更正の請求をします。

 

限定承認・相続放棄は自己のために相続の開始があったことを知ってから3ヶ月以内に、亡くなった人が最後に住んでいた家庭裁判所に申述書を提出しなければなりません。

 

ファイナンシャルフィールド

 知っておきたい相続のキホン。相続の3つの方法って?放棄したい場合は?

 

Tags:

コメントは受け付けていません。