ファイナンシャルプランナー林 智慮

2020年 09月 28日

【メディア実績】ファイナンシャルフィールド『年金担保貸付が廃止。年金生活者はどうすればいい?代わりになる制度は?』

仕組みや制度を、

知っていれば【貯められる】、知っていれば【殖やせる】、知っていれば【騙されない】

FP相談ねっと林です。

年金を担保にして借り入れをするのは違法です。

しかし、独立行政法人福祉医療機構の『年金担保貸付事業』(年金担保融資・労災年金担保融資)は唯一法律で認められた事業です。年金生活者が必要に迫られ、悪質な業者から高金利で借り入れをして、生活が破綻してしまうのを防ぐ為です。

返済は日本年金機構から福祉医療機構へ年金が全額支払われ、返済分を引かれた残りを年金受給者に支払われます。借入金利はゼロではありません。(平成30年10月3日以降分は22.8%、労災年金担保貸付は2.1%。)

その為、もともと余裕が無い年金生活者は、生活費にあてる年金から返済しなければならないので生活が困窮してしまいます。(債務整理をしても、返済は消えません)

年金担貸付事業は、令和3年度末に新規貸し付けが終了となります。以降、低所得の高齢者等は自立相談支援機関と生活福祉資金貸付制度の利用で生活を立て直します。

ファイナンシャルフィールド『年金担保貸付が廃止。年金生活者はどうすればいい?代わりになる制度は?』


関連記事はこちら