ファイナンシャルプランナー林 智慮

2020年 11月 17日

【メディア実績】ファイナンシャルフィールド『あなたが利用しようとしている業者、ヤミ金かも。知っておきたい給与ファクタリングについて』

制度や仕組みを、

知っていれば【貯められる】、知っていれば【殖やせる】、知っていれば【騙されない】

FP相談ねっと林です。

11月も半ばに入り、スーパーマーケットの店頭にはクリスマス用品や鏡餅が置かれるようになりました。
新型コロナウイルスで始まった今年、あっという間に1年が過ぎようとしています。

そして、年末が近づくと増えることがあります・・・「詐欺」です。

ここのところ、迷惑メールの数が増えてきました。
「当選しました。」とか、「お振り込みの準備が出来ました」とか、「生活助成金」とか、どう見ても怪しいメールが大量に送られています。

登録もしてない人に勝手に広告を送りつけるのは、特定電子メール法に違反しています。罰則があり、個人は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金、法人は行為者を罰する他、3000万円以下の罰金です。どこの誰が送ったか分からない、氏名や会社名すら無いのも違法です。

しかし、通常はこんな危ないメールは見向きもしないのでしょうが、生活資金に不安を感じている場合は焦りと不安で状況が正しく判断が出来ずにクリックしてしまうのでしょう。

他にも、給料日まであと少しだけれど、どうしてもお金が必要という人が、手を出してしまいそうなのが「給与ファクタリング」です。

「給与を受け取る権利を現金化。」に怪しいと思いつつ、「借金ではありません。」の言葉に妙な安心感を得られ、なんとなく大丈夫に思えてしまいますが、大丈夫な訳がありません。
乗っかったら最後、高い手数料で生活は破綻してしまいます。

ファイナンシャルフィールドで解説しています。

ファイナンシャルフィールド『あなたが利用しようとしている業者、ヤミ金かも。知っておきたい給与ファクタリングについて』


関連記事はこちら