林 智慮

【メディア実績】ファイナンシャルフィールド『せっかく扶養内で働いていたのに……106万円の壁が変わるって本当?』

制度や仕組みを、

知っていれば【貯められる】、知っていれば【殖やせる】、知っていれば【騙されない】

FP相談ねっと林です。


2022年10月より、短時間労働者の社会保険の適用が、従業員100人超規模まで拡大されました。

これまで130万円を意識してきたパート主婦の方、社会保険に入らなくても良い方法を探したのではありませんか。


社会保険の適用事業所でなければ、当然ですが加入しなくても良いのです。

また、適用事業書であっても、以下の条件

1)週の労働時間20時間以上

2)月額賃金8.8以上

3)勤続期間1年以上見込み

4)学生ではない

を、一つだけでも満たさなければいいのです。

働く時間を減らした雇用契約にし直して貰い、1)か 2)を超えないようにすればいいのです。(105.6万は、残業や賞与は含まない金額。)

でも、もし、これまで130万円ギリギリでやってきたとすると、単純に考えて130-105.6=24.4万円分の年収が減ってしまいます。月にすると約2万円。

このまま社会保険に加入する場合とすれば、支払う保険料は約1万6千円。


僅かな差で、収入そのままで保険料を支払った方が手のこりは多くなります。が、それだけではありません。

家計の足しにと働いているパート妻が、もし、病気やケガで働けなくなって、給与を貰えなくなってしまったら・・・社会保険に加入していれば、健康保険から傷病手当金が給与の2/3貰えます。

厚生年金保険料を支払えば、将来の年金額に反映されます。110,000×5.481/1,000≒602 1か月でも働くと年金が約600円、1年働けば毎月の年金に600円上乗せ出来るということです。10年続ければ毎月6,000円の上乗せ。これが終身受け取れるのです。

扶養のままだと、傷病手当金も年金の上乗せ分も作る事が出来ません。保険料を支払って加入している人だけが得られます。


制度は所得により線引きされるのは仕方がないことで、確かに制度の境目を超える時は損得が気になります。しかし、そこに自分の働き方をわざわざセーブして合わせるのは、なんともおかしな話ではありませんか。

ファイナンシャルフィールド 『せっかく扶養内で働いていたのに……106万円の壁が変わるって本当?』

関連記事

【メディア実績】保険チャンネル『【FP解説】通知預金とは。まとまったお金を短期で預けるメリット・デメリットは?』
制度や仕組みを、 知っていれば【貯められる】、知っていれば【殖やせる】、知っていれば【騙されない】 FP相談ねっと林です。 リクルートさんの保険比較サイト保険チャンネルで「通知預金」について書かせていただきました。 【FP解説】通知預金とは。まとまったお金を短期で預けるメリット・デメリットは? https://hoke……
【メディア実績】finasee『「突如、月5万円のローン返済が発生」教育費と老後資金は捻出できるのか』
制度や仕組みを、 知っていれば【貯められる】、知っていれば【殖やせる】、知っていれば【騙されない】 FP相談ねっと林です。 フィナシーさんに記事を書かせていただきました。https://www.finasee.jp/column/4835/ https://www.finasee.jp/column/4835/ 平穏な日々を送……
【メディア実績】ファイナンシャルフィールド『【年金相談】30歳という若さで夫が亡くなりました。妻である私は遺族年金を受け取ることはできるのでしょうか』
制度や仕組みを、 知っていれば【貯められる】、知っていれば【殖やせる】、知っていれば【騙されない】 FP相談ねっと林です。 今回の話は、知っていれば【安心できる】という制度です。 ファイナンシャルフィールド 【年金相談】30歳という若さで夫が亡くなりました。妻である私は遺族年金を受け取ることはできるのでしょうか ……
【メディア実績】「ファイナンシャルフィールド」私に万が一のことがあった時に、社会保険から子どもに何かありますか?
確定拠出年金相談ねっと認定FP林です。     日本の社会保険制度に加入していることで、老後の年金だけではなく、万が一の時の支給があります。 特に残された子どもが   遺族基礎年金・遺族厚生年金ともに、子に対しての支給は、子どもが自力で生活出来るまでを支えてくれるものです。 この場合の子どもとは、18歳になった年度……