ファイナンシャルプランナー大北 明理

2021年 02月 13日

国民年金の【学生納付特例制度】は、「免除」と違うの!?そのまま放置してるけど、どうなるの?

お子さまが、20歳になられると日本年金機構から、国民年金加入のお知らせが届きます。そのお知らせと一緒に「学生納付特例制度」の案内も入っています。

大学生で収入も無いし、「学生納付特例」って、使わな損なんとちゃうん?!って頭っから思っていました。

このパターン、結構多いのではと感じます。

かくいう私がそう思ってましたし、なんと、恐ろしいことに、学生納付特例制度って、「国民年金保険料が免除されてる」と思っていました。

自分の事ながら、いやぁ、知らないって怖い・・・・(^^;)

学生納付特例は、保険料の免除ではなく、「猶予」です。

学生さんについては、申請により在学中の保険料の納付が「猶予」されるのが、学生納付特例です。本人の所得が一定以下の学生が対象になります。

日本年金機構 国民年金保険料の学生納付特例制度URL↓こちらもご参照ください
www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20150514.html

「猶予」ってどういうこと?

本来、20歳になったら加入義務があるんだけど、学生の間は収入(所得)が少ないから【国民年金制度に加入はしてる状態やけど、保険料は後払いで良いよ】って、ことです。

制度の申請をしておくことで、例えば、在学中に不慮の事故などによって障害が残った場合に障害年金を受給することができます。

制度の申請をしていない状態は、「未納」ということになり、「未納」の場合は、上記のような不慮の事故で障害が残った場合には、障害年金が受け取れないという事態になります。

年金は保険って教えてもらった通りやわ。
やっぱり、【学生納付特例制度】申請しておいてよかったんやん。
でも、保険料の後払いってことは払い忘れてたらどうなるの?

追納ができます。
追納は10年以内であれば保険料をさかのぼって納めることができます

保険料の後払い(追納)には期限がある

保険料の猶予を受けた期間の翌年度から3年度目以降以降に保険料を追納する場合は、承認を受けた当時の保険料額に経過期間に応じた加算額が上乗せされます。

追納が承認されたら、古い期間分からの納付になります。

加算額が上乗せされていない分から先に納付したいということはできないんです。

令和2年度中に追納の承認を受けた場合、加算額が上乗せされないのは、令和元年度(2019年4月~2020年3月)月分と、平成30年度(2018年4月~2019年3月)月分のみということになります。

年度が変わるつまり4月以降になると、年度が【令和3年度】に変わるので、平成30年度月分の追納は加算額が上乗せされた保険料を追納するということになります。

日本年金機構 国民年金保険料の追納制度以下URL↓
www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20150331.html

うわうわ、これは、知らんかった。
古い期間から先に追納せなアカンかったら、かなりの金額になるやん。
これ知ってたら、普通に国民年金保険料支払ってたわ。

学生納付特例制度を利用した場合は、早い目に追納する方がいいですね。

追納した場合、その追納で支払った全額が、社会保険料控除として、支払った全額が所得から引かれるので、所得税や住民税は軽減されます。

追納できる10年を超えてしまっている場合はどうなるの?

追納はできません。
学生納付特例制度を申請していた期間中、保険料を払っていなくても、国民年金に加入はしていたので、加入期間として数えてくれますが、保険料を払っていないので、老齢年金の基礎年金額に反映されないんです。

つまり、満額は受け取れないってことかぁ。

対応策はありますよ。
老齢基礎年金を満額に近づけるために、60歳以降も任意加入という形で国民年金保険料を支払うことができます。

子どもの国民年金保険料を親が払ったら、親の所得から所得控除できる

子どもが20歳のとき学生やったら、払えるなら、後回しにせずに払おう

親が、子どもさんの国民年金保険料を支払うと、支払った全額が、社会保険料控除としてその年の親の所得から控除されるので、所得税や住民税が軽減されます。

国民年金保険料の前納割引制度

さくっとさんは、自営業で国民年金保険料を払っていますよね。前納制度は利用されていますか?

うん、知ってるよ。忘れたらアカンし、私は口座振替で2年分まとめて納付してる。保険料割引あるから、利用してるよ。

子どもが20歳になった時に学生さんやったら、子どもさんの国民年金保険料を学生納付特例制度を利用するのではなく、【前納】を選択してもいいですね。

保険料を支払った年に年金事務所から国民年金保険料控除証明書が届くので、支払った国民年金保険料の1年分ずつとか2年分をまとめてという風に、親の所得から社会保険料控除として所得控除することができます。

日本年金機構 国民年金前納割引制度(口座振替 前納)以下URL↓こちらもご参照ください
www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo/20150313-04.html

日本年金機構 国民年金保険料の【2年前納】制度 以下URL↓こちらもご参照ください
www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo/20150313-03.html

学生納付特例期間中は、iDeCoを始めることができない

あと、知っておいてもらいたいのは、
学生納付特例制度の適用期間中は、iDeCoを始めることはできません。

そっかぁ、国民年金の【免除(全額・一部)】や【猶予】されているときは、iDeCoはできないんやった。

公的年金に加えて自分のための老後資金作りができる個人型確定拠出年金のiDeCo(イデコ)は、20歳から60歳の40年間という長期に渡って資産形成に取り組める制度です。

そうそう、私もこないだiDeCoスタートアップ講座を受講して、ほんまに思った。
子どもには必ずiDeCoを若いうちから始めさせたいって。
『長期・積立て・分散で複利効果』!ステキやわ!
子どもが始めるときも、「ああちゃん」の講座うけさせたいねん。
その時はよろしく。

さくっとさん、ありがとうございます。
私も楽しみです。
よろしくお願いします。

私と一緒にiDeCoを始めましょう

iDeCo・つみたてNISAを私と一緒に始めましょう。

興味があるなぁ。始めてみようかな。って気になったら、お気軽にお問合せ下さいませ♪♪

【講座で学べる内容】

  • iDeCoの仕組み、iDeCoの申込、始め方
  • 金融機関の選び方
  • 商品の選び方
  • 資産形成の基礎知識
  • 投信信託の基礎知識
  • 自分のリスク許容度を知る
  • ライフイベントに密接にかかわる社会保障の仕組み

【講座の大きな目的は3つ】

  • iDeCo・つみたてNISAをスタートさせること
  • 資産形成の基礎知識を習得すること
  • 働き方と社会保障の仕組みを知ること

ワークやクイズをしながら、”楽しく学べる”ことが一番大切やと思ってます。
私と一緒に新しい扉を開きましょう。

LINE公式アカウントの友だち登録から、講座にかんする質問や疑問を気軽に問い合わせていただけます。
QRコードを読み取って、友だち登録してください。


関連記事はこちら