rnohara

【メディア実績】講談社『現代ビジネス』「早すぎる利確」で利益を失った「積立投資家」のヤバすぎる末路と解決策


こんにちは。FP相談ねっと認定FP、野原です。

講談社さんが運営されている、現代社会を生き抜くためのビジネス情報ソムリエ・現代ビジネスさんにて、担当させていただいた記事がアップされてましたのでご報告です。

「早すぎる利確」で利益を失った「積立投資家」のヤバすぎる末路と解決策

下値トライ多発の2022年相場だが…

リバランスを「一般的」にしていこう!

自分の資産が、当初の計画から大きく上下するリスクを軽減させるために、多少の売買をしながらメンテナンスしていくことは、本来はいたってフツーのことといえるでしょう。

我々の環境も、マーケットの環境も、常に動いていますよね。

自分で考え、納得のうえでほったらかすのはもちろん良いです。

単純に、世の中を見ているか見ていないか、それに対して、アクションを起こすか起こさないか、それを自分で決める、というだけの話です。

問題なのは、「利益に対して課税されるからリバランスしない」という考え方です。

利益に対して課税されるのがあたりまえ」で、課税されるか、非課税なのかは、リバランスへの考え方や判断に、大きな影響を与える要因ではないはずです。

結果論として、課税されなかったことを喜ぶくらいがちょうど良いと思います。

国際分散投資による長期積立てにおいては、買う時のリスクコントロールのために、「長期・分散・積立」が有効なわけですから、保有中や売る時のリスクコントロールをするために、「リバランス」が有効なわけです。

上がることしか考えない

つまり、入口と出口、片っぽしか見ないというのはバランスが悪すぎると感じます。

極端な意見はそれはそれで面白いですが、はたして好ましい変化を可能とするのか・・・。

まさに、「人間は、見たいと思う現実しか見ない」(ユリウス・カエサル)という格言を想い起こします。

もしかすると、つみたてNISAなどの非課税制度の普及がかえって、本質から目を背けるという弊害をもたらしているのかもしれませんね・・・。

主な執筆・監修実績

三井住友銀行 MoneyVIVA |「お金の色分けしてみよう」シリーズ

まとめ

#1

#2

#3

#4

三井住友銀行 MoneyVIVA |「FPが聞いた!お金のしくじり失敗談」シリーズ

週刊誌

関連記事

【メディア実績】Money VIVA(マネービバ)お金のしくじり失敗談『投資に目覚め夢中になっていたら、意外な落とし穴が……』
こんにちは。FP相談ねっと認定FP・0円投資マスター、野原です。 三井住友銀行さんが運営されている「Money VIVA(マネービバ)」という学びの場があります。 マネーを学んで、ミライへ一歩踏み出そう。そんなあなたを応援する、学びの場ができました。日常生活で使えるおカネの豆知識も、これからのマネープランに役立つ資産運用……
武器を授けよう!たった2つのことをして、すぐに6,400円をゲットしたAさんの事例
  こんにちは。ゲーマネケーション※の使い手、NOHARAです。 ※Game × Money × Education(教育)   あなたが初めて資産運用の世界に、まさに足を踏み入れようとしている勇者になろうとしているのならば、最初の敵を倒せる武器を授けましょう!   アベンジャーズの特殊能力も、ジェダイのフォース……
【経験者むけZoom】担当者なし、 WEB情報だけでもわかる「これからのNISA」無料セミナー<2023年8月>
2024から「新しいNISA」が始まります! このNISAは、あなたが思っている以上に数十年後の現金化しやすい資産や、将来取り崩すための老後資産を増やすことも可能です! なぜ、そんなことが可能になるのか? なぜ、世間の一部では、資産運用のセオリーを無視して「新しいNISA」が語られるのか? ……
ぜひ覚えて欲しい、魔法の数字センス
こんにちは、品川の確定拠出年金相談ねっと認定FP、野原です。 2月のセミナー     資産運用って、同じ初心者から始めても、習得ペースは人それぞれなんですね。 そもそもその人を形作っている経験や環境が違いすぎるから。   僕にしたって、そもそも株や投資信託のあがりかたの感覚は証券会社にいなかったら、今でもわからないかもし……