rnohara

【メディア実績】三菱地所のレジデンスクラブ | 会員むけ『Residence Club』ほったらかし投資はNG?「新NISA」を使う前に知っておきたいこと


こんにちは。FP相談ねっと認定FP、野原です。

会員向けサイト「三菱地所のレジデンスクラブ」様にて、新NISAを上手に活用するためのポイントについて、取材いただいた記事が公開されましたのでご報告です。

ぜひ、ご覧いただけたら嬉しいです!

ほったらかし投資はNG?「新NISA」を使う前に知っておきたいこと

※取材:市ヶ谷のアーク・コミュニケーションズ

まずは疑え!

僕が証券時代に学んだことのうちで、最も印象深い言葉のひとつが「まずは疑え!」です。

これは何に対しても、誰に対しても疑い深くなることをオススメしているわけではなく、いったん目の前のことを受け止めてみて、自分で咀嚼し、考え、自分で結論を出すことを意味しています。

社会的に同調圧力が強いといわれている日本人は、これが苦手なことが多いです。

胸に手を当ててみれば、きっとわかっているはずです。

自分の頭で考えているようで、実はあまり考えずに、衝動的に行動してしまうことも決して少なくないでしょう。

僕だってそんなことはいくらでもありますが、内容やテーマ次第ではシャレにならないことが本当に起こってしまうこともあります。

普段はこのようなことを意識することは少ないかもしれませんが、特に情報の受け取り方は、我々が自立して生きていくうえでとても大事で、この観点では「誰が」言ってるかよりも、「何を」言ってるかのほうがよっぽど大切です。

●入手した情報を、事実と推測・憶測などに切り分け、「つまりこうだよね」と自分なりに解釈できるようになる「要約力
●一見関係なさそうな情報を含めて、得られた情報を想像力によって寄せ集めて、その結果導き出されることを推測、想定して結論をだす「創造力

現代は、利便性の向上の裏返しかもしれませんが、SNSやショート動画などにあふれ、情報入手がよりインスタント(すぐできる、手間いらず)になってきていますので、自分で考えるという力を醸成しにくくなってしまっています。

これからの時代はますます、自分で考え、自分で選び進んでいくことが求められるはずです。

世の中の大切な、重要なことに比べれば、金融や資産形成の話は、たいがいたいしたことありません。

まずはお金の話から、「疑ってみること」を始めてみてはいかがでしょうか?

あ、もちろん、僕が言っていることも、まずは疑ってみてから聞いてくださいね(笑)

潮が引いたあとに、誰が裸で泳いでいたかがわかる

by ウォーレン・バフェット

次からの記事もぜひ読んでいただけたら嬉しいです!

注目記事ピックアップ

主な執筆・監修実績

三井住友銀行 MoneyVIVA |「お金の色分けしてみよう」シリーズ

まとめ

#1

#2

#3

#4

三井住友銀行 MoneyVIVA |「FPが聞いた!お金のしくじり失敗談」シリーズ

週刊誌

関連記事

【祝】新入社員の皆さま、御入社おめでどうございます!
こんにちは、品川・高輪ゲートウェイのFP相談ねっと認定FP、野原です。公開が遅くなってしまいまして失礼いたします。 花粉症シーズンもそろそろピークですが、入社式、無事乗り切ってくださいね!と言いたかったろころですが、コロナ恐慌でそれどこではなくなりました。 いま僕は、皆さんからすると直属の先輩・教育係や上司が所属する直属のライン長・課長……
【Zoom】インボイスに負けるな!年商500万円以上の1人社長・マイクロ法人の資産形成セミナー
こんにちは。1人社長として株式会社を経営しております、金融経済アナリスト・野原亮(のはらりょう)です。 私が日ごろ、1人社長のかたがたとお話しさせていただくなかで、売上が安定してきた、伸びてきたという法人が利用している制度についてよくうかがう言葉のひとつが「倒産防止」です。 これは、取引先事業者が倒産した際に、連鎖倒産や経営難に陥ること……
武器を授けよう!たった2つのことをして、すぐに6,400円をゲットしたAさんの事例
  こんにちは。ゲーマネケーション※の使い手、NOHARAです。 ※Game × Money × Education(教育)   あなたが初めて資産運用の世界に、まさに足を踏み入れようとしている勇者になろうとしているのならば、最初の敵を倒せる武器を授けましょう!   アベンジャーズの特殊能力も、ジェダイのフォース……
相場がどっちにいくかわからない時は「待つのも相場」で無理をしない
こんにちは、品川(高輪)の確定拠出年金相談ねっとFP、野原です。   積立デビューによる関心の高まり   iDeCoやつみたてNISAなどをデビューされて、段々と資産形成のイメージがわかりかけてくると、いままで全く興味がなかった株式市場や為替市場への関心が急速に高まる時がありませんか?   そんな時、1ヶ月前のよ……